読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにある。

2016年夏。乳癌になっちゃったよわたし。

放射線治療1週目メモ

放射線治療

2日目。
照射後、おっぱいの先の方。
センチネルリンパ節生検で色素を入れるために
針を刺したと思われる所がギュンとした。

やっぱり放射線で何らかのダメージは受けてるのかね。


3日目。
せっかくミリ単位の調節をしてくれたのに、
CT撮影の時にウッカリ眠りかけて
足がビクッと動いてしまった。

そしたら技師さん2人とも戻ってきて
「印動いちゃったんでもう1度やり直しますね」て。
うぉー せっかく合わせてくれたのにスミマセン。。。

二度手間だわ、時間かかるわ、
体勢キープが余計にキツくなるわで大変だったよ。

キッチリ合わせてくれて、じゃCT始めまーすって時
ふぅ やれやれってホッとして、
鼻とか痒いところカキカキしそうになるけど
それやったらまた始めからになっちゃう。

何もしてなくていいんだけど、
それがほんとに息と瞬き以外の何もしない。
それって案外緊張するし難しい。
ほんと気をつけないと。


そしてこの、3日目から
照射直後の目眩が増してきた。
こんにちは~ってやって来た時が40歳なら
どうもありがとうございました~って
帰ってゆく時の顔は50歳くらいになってて
自分でもドン引き。

この目眩と吐き気増し増しは、
さっきまで横になっていて
血圧が変動したことによるものなのか
放射線の副作用なのか
ノルバデックスの副作用なのか
はたまた通院による疲れが出てきたものなのか。
思い当たる節が多過ぎてわからない。

帰りの電車がちょっとしんどかった。

家に帰ってゴハン食べて風呂はいって
9時まで起きていられない。
8時を過ぎたらもう寝ちゃう。


4日目。
照射部の皮膚が少し突っ張ってきた。

昨日と同じ。帰りの目眩が増す。
もともと軽い目眩だから
歩けなくなるほどじゃないけど目が回る。
気持ち悪い。

電車の座席、目の前がやっとこ空いて
ヨッシャー座れる!と思ったら、
隣にいたお婆ちゃんがスイッと割り込んできて
「すいませんねぇ」と言いながら横取りされた。
NO。。。
相手がお婆ちゃんだっただけに
「そこは今わたしが座ろうとしていました」とも言えず。
しんどいわ、悔しいわで、
お婆ちゃんのこと上から睨んでる自分に気づいて
あ、わたしこのままじゃいけない。と思った。


5日目。

放射線治療は、あぁ…眠っちゃいそう。。。
と思うと治療が終わる。

この 眠っちゃいそう。。。というタイミングで
足がビクッと動いちゃったりするんで
気をつけないといけないんだけど
眠くて眠くて仕方がないんだよね。

目眩と吐き気も相変わらず。
行き帰りの電車で立ちっぱなしは流石にキビしくて
昨日も結局最寄り駅近くまで立ちっぱなしだったから
病院の受付でヘルプマークをもらえないかと訊いてみた。
でもここでは配布はしていないと説明された。
やっぱりね。
念のため訊いてみただけなんだ。

↓東京都福祉保険局ヘルプマークについて
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html

帰宅時に途中下車して、
ヘルプマーク配布してますよって書いてある
モノレールの駅務室でヘルプマークをもらってきた。

f:id:clichang:20170125073500j:plain

お守りみたいなものだと思って持ってよう。
わかる人が見ればきっとわかる。

電車の席は絶対に座りたい!
というワケではないけど、できれば座りたい。
目の前が空いたなら横取りされずに座りたい。
もしもコレに気づいた優しい誰かが
席を替わってくれるとしたら本当にありがたい。

この先5週間のお守り。



そして。
夫の会社の人たちのご尽力で、
夫をなるべく早く家に帰そうキャンペーンを実施してくれてるんだって。
みんなでスケジュールを調整して。
早めに終わる時間帯の仕事を振ってくれている。

早く帰ってきた夫は
片付けしたり風呂わかしたり
ゴハン作ってくれたり。
ほんとによく家のことやってくれて助かるんだ。

夫作カレーライス

f:id:clichang:20170125073440j:plain

ほんとに 、ほんとにね。
1人だけで治療してるんじゃないんだな。

ありがとう。
ありがとう。
ほんとにありがとう。