読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにある。

2016年夏。乳癌になっちゃったよわたし。

乳腺外科 久しぶりの通院

3月23日
放射線治療から1ヶ月が経ったよ。

そして最後の受診から3ヶ月ということで
乳腺外科の診察。予約は15時20分。

お昼ご飯を食べて少し休んでから家を出発。
久しぶりに病院へ向かって
「あれ?こんなに遠かったっけ?」と思ったよ。
片道2時間。
よく2ヶ月近くも毎日毎日この距離を通ってたもんだな。
エラかったぞわたし。

病院最寄り駅についたら、
商店街をキョロキョロしながら歩いてさ。
コレ帰りに買おうアレも買おうと目星をつけて
忘れないように携帯にメモしながら病院に向かったよ。

この商店街があったから飽きることもなく、
通院の大変さにめげそうになっても
明日も何かおいしいもの買おう…と
自分を慰めながら最後まで通いきったんだもんな。
ありがとう!!商店街!!



病院についた時、間違えて
放射線治療室に一直線に向かってしまった。
受付まで来て、あ!と思った。
今日は乳腺外科だよ間違えた!
放射線治療室の受付はその時たまたまお留守で
誰にも会わずに「間違えた」と悟られることなく
その場を立ち去ることができた。

でもわたし治療室のスタッフさんたち好きだから
会って、元気ですよーと言いたかったような気もしてきた。

しかし習慣とは恐ろしいものだね。
ボーッとしてたら慣れたことをしてしまう。

今度こそ、ちゃんと受付を済ませて、
採血コーナーでチクンして2本血を抜いてもらったよ。


そして乳腺外科の待合スペースへ。
泌尿器科とか眼科も近いから、
老若男女いろいろな患者さんがそこかしこに座っていた。
予約して行ってるけど予約時間通りにはいかなそうだな。
本でも持ってくればヨカッタ。


予約時間から1時間が過ぎ。
診察室から夫婦が揃って出てきたな~と思ったら
すぐに病院スタッフさんが後を追うように来て
「これが入院案内です。当日は~」
という感じで説明を始めた。

いつぞやのわたしと夫を
後ろから見ているようだった。
いろいろ心配なこともあるでしょうが
A先生にお任せしておいたら心配ないですよ。
どうかお大事に。

日が暮れはじめて、
他の科の患者さんたちも診療を終えて帰っていくから、
待合スペースに座ってるのは乳腺外科の人たちばかりとなった。

もうただ座ってるだけなんて
もうほんとにくたびれちゃって
ふんぬ~~~!と椅子に座ったまま伸びをしたら、
前の椅子に足がコツっとぶつかってしまった。

60代くらいの女性が座ってたんで
「あ。すみません。」
と謝ったら、その方はふり返って
「いえいえ。大丈夫。
あなた予約時間は何時?」と訊く。

「3:20です」

「わたしはね2:40なんだけどまだ呼ばれないのよ。」

うひー!!マジですか!!
もうその時既に4:30を回ってた。

「疲れるわね~」

「2時間待ちとは。
ほんと。疲れますね〜」

「しかもわたし、ずいぶん遠くから来てるの。
だから余計疲れちゃって。
東京は東京なんだけどね。
〇〇市っていうの。あなたご存知?」
て言われて

「えぇ!」てなった。

「〇〇市ですか!いや知ってるも何も!
わたしも〇〇市から来てるんです!」

すごい偶然。同郷だったよ。
一瞬\( ˆoˆ )/\( ˆoˆ )/ワァイ てなった。

f:id:clichang:20170327215932j:plain

「温存したの?」って訊かれて
えぇ。と答えると

「じゃあ 放射線通ったんでしょう?
すごく大変だったと思わな~い?」て。

あぁ…!!
あの苦労を同じ体験でもって知ってる人がここにいるー!!
と思ったらテンション上がっちゃったよ。

その人は一年前に放射線が終わってたんだけど、
なんと昼間仕事をしてから
夕方、放射線治療に来てたって。

わたしは下準備はあれど仕事は月1しか出かけず
それも治療日とはかぶらぬ日曜日だから
電車が混まない時間帯を希望して
ただもう通うのみって感じだったけど、
よくぞお仕事しながらこんな遠くまで毎日通いましたね~。

どうやって癌を発見し、
どこの病院にかかり、
どんなことを言われてきたのか、
そしてどうやってこの病院へたどり着いたか、
お互いに話してるうちにその方は呼ばれて
いそいそと診察室へ入っていった。

5分後に診察室から出てきて
「それではお先に失礼するわね。
お大事に。帰りは気をつけて。」
と帰っていった。
またここから2時間かけて帰るのでしょう。
また3ヶ月後もあの人に会えたらいいな。

人と話してると待合時間もあっという間だったよ。
結局わたしも予約時間から
2時間経つ頃にようやく呼ばれた。



…なんでたった1度の「診察に行ったよ」の記事が
こんなに長いんだろうねわたし???

ちょっとまだつづくんだけど
(そらそうだ、まだA先生に会ってないもんよ。)
長くなり過ぎたから、つづきはWebで!

じゃなかった!
また別の日に!

読んでくれている方々、
遅々として(乳腺ネタだけに「乳として」でもいいかもしれない。←とか余計なことばっかり書いてるから)進まぬブログですいません。