読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにある。

2016年夏。乳癌になっちゃったよわたし。

健康トゥルントゥルン

亜麻仁油を始めたんだ。(唐突


f:id:clichang:20170420165907j:plain

こないだテレビでもやってたことを1行で書くと
「不足しがちないい油を摂ることで健康になりますよ」
ていうね。
(それよりこのいつも長いばかりのブログを
3行くらいで終わらせてみたらどうかという。)


この、健康によい油については
もともと、ニャンコの持病にどう?て
獣医のうりこさんがサンプルで
Ω3のサプリメントを送ってきてくれたのがきっかけだったんだ。
とてもいいよコレ。

f:id:clichang:20170420165938j:plain

わたし健康オタクっぽいとこあるから
こんなの教えてもらったらテンション上がっちゃってね。

Ω3の効能てなんだろね?と調べてみたら、
まーあ いろいろ出てくる出てくる
いいことがたくさん!(゚∀゚≡゚∀゚)

・抗炎症作用
・アレルギー緩和
・免疫上げる
コレステロール下げる
・便通改善
・血管を強くする
代謝アップ
・美肌
・ダイエット
・抗鬱作用

など。など。

青魚の油の中に含まれている物質なんだって。
でも推奨摂取量はどう見積もっても
わたしたち足りてないらしいよ。
魚ばっかり生で毎食という生活ではないものね。
そこで、Ω3たっぷりの亜麻仁油の登場だよ。


説明しよう。
わが家のフルメンバーの持病は以下の通り。

・夫=リウマチ、花粉症
・わたし=乳癌、日光過敏症、
・白ニャン=甲状腺機能亢進症
・シマニャン=変形性脊椎症、腎不全、慢性鼻炎

高齢化のわが家、持病の総合商社やー!

でもΩ3、上に書いた全部に効きそうな気がするするー!
つてことで。
うりこさんに訊いたら
ニャンコも亜麻仁油摂って大丈夫だと教えてくれたから、
家族全員で始めたんだ。

余談だけど。
お気づきだろうか。
うりこさんがせっかく送ってきてくれた
サプリメントは全部ニャンコに飲ませて
良さそうだとわかったのに購入はしていないということを。
ましてやみんなで亜麻仁油始めますー!
だなんて、どんだけ失礼なわたしだろうか。
でもそれをうりこさんは許してくれる。
優しいお姉さん。


亜麻仁油
ダイエットも出来ちゃうなんてイイよね。
わたしこれを機に、脇腹肉まん化症候群も治すのである、しめしめ。

とにかく、他は何も変えずに
油を足すだけというお手軽さが性に合う。
生来面倒くさがりだから。
苦労するようなものは長くは続かない。
継続することが大事。(昨日も書いた)

んで、今。
亜麻仁油を2週間くらい摂り続けてみた感想だけど、
肌の状態が少しよくなったみたいだよ!
顔を洗ってる時の手ざわりがよくなった。

じゃあ見た目は…
えーとね、よくわからない。
多分、あんまり変わらず?
元々の感じ?
井川遥に似てるままなんじゃないかなぁ(チラッ
(顔出ししてないブログの良さ。)


夫やニャンコたちも、特に何も申告はしてこないし
見るからに夫がトゥルントゥルンになってルー!!とも思わないから
全員、見た目的な部分では今のところ
何も変わってないと思う。

元々快便な夫婦だから
「お通じがよくなったの♡」という感想もなく。

いや待てよ、シマニャンコが1日置きだったのが
時々連日で出るようになったかも。
偶然の域を出ないので本当に偶然かもしれないけど。

元々便通のよくない人が亜麻仁油を始めると、
最初の1週間くらいで1kgとか2kg
スッと減るらしいですよ。
あらイイわね。


そんなこんなで元々快便体質だし
体重はまったく変わりなく。
でも半年とか1年とか長く続けていけば体質が変わって
太りにくくなったりするんだろうな、
きっときっと!
そう信じて今日も明日もあさっても。
わたしはみんなの食事にタラ~と亜麻仁油をたらす日々。

f:id:clichang:20170420170031j:plain

↑フレッシュキープボトルで酸化しにくいし
使いやすいと思うよ。
人間2人とニャンコ2人で約半月。



さて。ある日。
亜麻仁油について調べていたら、
ひとつ気になる記事を見つけた。

亜麻仁油には、イソフラボン様作用の
リグナンという物質が入っており、
更年期障害や生理前症候群を緩和します」
というもの。

あれ。(´゚ω゚`)
じゃあもしかして…
ホルモン治療やってるわたしには
亜麻仁油ってよくないんじゃないのか?!
(女性ホルモン補充になるイソフラボンなどのサプリメントや薬などは避けなくてはいけない。)

亜麻仁油は免疫力向上により
癌予防にもなると書いてあったけれど、
ホルモン治療をやってる人のことは
どこにも書いてないんだよ。

でも、亜麻仁油サプリメントじゃないし…
ただの食品なんだから、
スプーン1杯程度問題ないんじゃないかな…
でも、豆腐や豆乳、納豆だって
治療中は1日に食べていい最大量が決まっている。

※↑でもそれは乳腺外科のA先生に言われたわけではない。
そもそも訊いてすらいない。
インターネット上で拾ってきた情報による。
ホルモン治療中の1日のイソフラボン摂取量上限 40mg。
豆腐なら半丁、納豆なら1パック。
全く摂らないよりは中等度に摂った方が再発予防になる。
超えた量を続けると治療効果を下げるので避けるべき。

納豆や豆腐は元々好きでそれくらいの量を食べてるから
それに亜麻仁油も足してたら…
イソフラボン様作用のリグナンが豊富…
むしろリグナンはイソフラボンさえも超える
イソフラボン様作用とかどこかに書いてあった…
えぇ…

なんかいろいろ思いが巡り…

早速肌触りがよくなったり、
こんなに良さそうなものを
止めなくちゃいけないかもしれないと思ったら
たちまち憂鬱になってきたんだけど、
わからないことでクヨクヨするのもバカバカしいから
「日本アマニ協会」という頼りがいのありそうな
団体のホームページを見つけて
メールで尋ねてみたんだ。

乳癌です、ホルモン治療やってます、
ってところも包み隠さずにね。



そしたら数日後に回答が。
内容は以下の通り。(抜粋)

・・・・・・・・・・

どちらの亜麻仁油をご利用いただいているかにもよりますが、
通常、亜麻仁油を搾油した場合
リグナンは油に移行しません。
搾ったあとの絞りカスに残存します。
製品によっては、その絞りカスからリグナンを抽出して
油に転嫁するものもありますが、
高コストになるため通常は行いません。
(クリコ補足:転嫁→添加、かな。移すだけならやっぱり転嫁でいいのかしら。)

・・・・・・・・・・

ナルホドデスネ- φ(゚▽゚*)メモメモ

そうか!
だから、亜麻仁油の中に沈んでいる
茶色いナッツみたいのを
苦いとかまずいとか言いながらも
コレが健康にいいんだって
ありがたがって食べてる人がいるのか。
そこにリグナンが入ってるから…!
ナッツみたいって言ってるものは、絞りカスなのか!

さて。
わたしが買ってきた亜麻仁油は1本145gで900円程度。
サラダ油やオリーブオイルに比べたらうんと高いけど、
亜麻仁油の中では普通のお値段。
そして絞りカスなんて入ってない、透明な油。

ということは!
コレにはリグナンは入ってないんだね!
なんだよ~ !嬉しいな!

普通は「えー。体にいいリグナンは入ってないの、ガッカリ」
とするところだろうけど、
ホルモン治療やってるわたしには
入ってなくてヨカッタ!という感想。

はー。こんなにすんなり解決できるとはね。
日本アマニ協会さん、さすがです。

「これからも心置きなく続けます」
と感謝とともに返信をして、
また今日もわたしは鼻歌まじりに
みんなの食事に亜麻仁油をタラ~とたらします。

夫よ、ニャンコたちよ、
みんなで健康トゥルントゥルンになろう!!