読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにある。

2016年夏。乳癌になっちゃったよわたし。

テスト出るよ!

これまでと、最近の違いを
いろいろ書き連ねてゆきましょう。
なんかいつぞやもこんなことを書いたような気もするけれど。
いいですか?いいですね?
テスト出るよ!ビシッ(黒板


これまでわたし、毎日でも車を運転していたんだけど
この半年くらいはあんまり運転をしなくなった。
なぜならいつもほろ酔いくらいの目眩がしてるから。
調子のいい時くらいしか車運転しようと思えない。
目眩の強い時は酔っ払いみたいに
視界がグデグデになってしまう。


これまではSNSでおいしいもののレシピを
紹介している人の投稿を
ふむふむ ほうほう いいねいいねと
毎日ニヤニヤしながら見ていたんだけど、
この度フォローを解除した。
見てるとお腹が減って減って仕方なくて。
体重増加に拍車がかかっているから
こんな美味しそうなものを見ながら
食べるのはガマンだなんて
つらくて泣く泣くアンフォロー。

でも、そんなことをしつつも
そもそも、以前よりSNS自体を
以前より見なくなってきてしまった。
小さな文字を読むのが億劫になっちゃって。
目がすごく悪くなったとも思う。
遠くも近くも見にくい。


カーテンを開けたときとか、出かけた先で
キレイな空や花を見た時
これまでのわたしはすぐ携帯かまえて
写真を撮ってたと思う。

しかもなるべくキレイに撮れるように
しゃがみこんで 下から煽るように撮ってみたり
今だ!というタイミングを計らって撮ってみたり。
いろいろ工夫をしていたと思う。
わたし半年前まで確かそういう人だった。

今はキレイなものを見て、
うわ~キレイ!と心が動いても体が動かない。

関節もギシギシするし
なんだか億劫だから、いいや、撮らなくて。
ねぇ 誰か撮っておいて。そして後で送って。

自分でやっとこ撮ったとしても記録みたいなもので、
そこに感動まで写りこんではいない。

f:id:clichang:20170519081235j:plain

平坦な写真ばっかりのカメラロールをみて
またつまらない気持ちになってたりする。


そしてこのごろあまり夜更かしをしていられない。
夕飯を食べ終わるとすごい眠気。
風呂にも入らず9時頃寝ちゃうという日が多い。

これは誰かの陰謀か?
夕飯に睡眠薬でも入れたのか?くらいの眠気が襲う。
「むむ!シェフが怪しい、シェフを呼べ!」
「はいはい、わたくしがシェフでございます(裏声 (一人二役


あとね。
手元で細かい作業してると気持ちが悪くなってくる。

毎週やっていたニャンコの点滴をサボりがちになってきた。

f:id:clichang:20170519081157j:plain

元々 絶対にやらねばならないものでもないんだけど、
できれば週一くらいの頻度でやった方がいい。
それを後回しにして引き伸ばしている。
やらなくちゃ。と思いながら
また明日。また明日。と。


鏡を見るたびに
あれ?と思う。

いっつも疲れてるような変な顔。
目がしっかり開かない。
困ったような冴えない顔。


そして今、追い討ちのように顎関節症
コレはもう前回の記事で書いたように
ガムの噛みすぎで自業自得なんだけど。
まだ治りません。
でもガムを噛むきっかけとなった
底なしの食欲だってホルモン剤の影響。

とにもかくにも、この目眩が一番鬱陶しい。

術前も術後も、何の制約もなかったはず。
好きなように過ごしていいですよーて
A先生も言っていた。

だのに。
なぜ。
こんなにいろいろガマンしなくちゃいけないのかな。
どうして諦めなくちゃいけないことがあるのかな。


一時は目眩もだいぶ弱まって
きっとこのまま目眩は消えて
何事もなかったかのように暮らせる日が来るんだと思ってたんだけど、
今、また放射線治療に通っていた頃と同じくらいの強めの目眩。

治まっていた目眩が復活してしまったのは
いつぞや1週間のうち3日も
ホルモン剤を飲み忘れた自分のせいかもしれなくて
だからなんとも言えない気持ちになるけど。。。



家でなら夫も事情は知ってるから
「目がまわるー」とかボヤいちゃうし
家のこと手伝ってくれるからとても助かるんだけど、

仕事に出かけて目眩がしてたとしても
そうとは言えず元気なフリして働くしかない。
「目がまわるー」なんて言ったら
心配させてしまう上に帰らされる。
稼がねばならんのに。
今後使ってもらえなくなるかもしれない。
それは困る。
だから、なんでもないフリをしている。
でも、しんどい時に元気なフリするのもまたしんどい。

でもね。
前にも書いたけど、幸い気持ちは元気です。
楽しいことがあれば笑っちゃうし
メソメソふさぎ込んでるワケではない。
不幸というワケでもない。
そして何より どの症状もひどいワケではない。

でもだからこそ 何かが物足りない…。
そして何かがもう沢山!
なーんでこんなことになっちゃったかな。

…というようなことをね。
山梨ドライブの帰り道に夫と話していたワケよ。



この、大騒ぎするほどではないけどちょっと変な体調と
モヤモヤした気持ちがこの先まだ4年半も続くと思ったら
ウンザリする!



「大騒ぎするほどでもないけどちょっと変な体調」。
例えるなら…なんだろかね。


「どうやっても通らない鼻づまりが5年」
↑お。いい例え。
イヤでしょー?
コレ結構イヤじゃなーい?
鬱陶しいよねー?


「右足スニーカー・左足ハイヒールを5年」
↑コレもイヤだよねー?
歩けないこともないけどちょっとさー。
結構イライラくるよ?
脱げるもんなら脱ぎたくなーい?


「譜割を間違えて覚えてる人の歌うカラオケを5年」
↑あ、ちょっとコレはイヤ過ぎたかも!
気持ち悪すぎたかも!
でも5年も間違えて歌ってるの聴いてたら
そっちオリジナルでいいや、てなっちゃいそう。
いやいやそういうことじゃない。
ちょっと例え失敗。

じゃ、えーとね。
「肉まんだと言われて食べたらあんまんを5年」
↑いやちょっと待って。ちょっと待って。
違う違うそうじゃそうじゃない君を逃がせない。(by鈴木雅之)
なんかいろいろ変わっちゃった。


もういいや、
あのねぇ、
とにかくなんかしっくり来ない、
このちょっと気持ち悪い感じをずーと抱えたまま
5年過ごすということ。

どれもこれも取るに足らないほど小さなストレスだけど、
これらがまとまって 長期間つづくというのはね。
結構アレ。ね。アレ。


次回の乳腺外科通院が6月だから、
その時にA先生に相談してみようと思う。

その前にも…おぉ、もう来週か。
放射線科のジョボビッチ先生の診察もあるから
ジョボビッチ先生の意見も聞かせてもらってこよう。

それまでは どうであれ
ホルモン剤は飲みつづけるよ。



★本日の内容を3行でまとめてみた★

ホルモン剤の影響で体調が安定しない。
この状態があと4年半もつづくと思うと辛い。
テスト出るよ!ビシッ」