ここにある。

2016年夏。乳癌になっちゃったよわたし。

覚えておいででしょうか?

今月のアドベントカレンダー

f:id:clichang:20180208213645j:plain

♡鳥ちゃんたち♡


先月のシールは「ひと月正月気分」とか
「カワイーン過ぎて剥がせない」とか言ってたの
覚えておいででしょうか?

えぇ、えぇ、でもやっぱりね、
「飲んだら剥がす」、コレ大事。
飲んだら乗るな、乗るなら飲むな、
飲酒運転撲滅標語的な感じで。
飲むなら剥がせ、剥がさぬなら飲むな、
違う。飲め。絶対に飲め。
忘れずに飲め。

はい、1月は3回もノルバデックスを飲み忘れました。←

でも、飲み忘れてた!と気づきにくいんだよね。
だってシール貼ったままだから。
二度あることは三度もあった。わはは。
わははじゃねぇ。



今月からはもう飲み忘れるワケにはいかん!ということで
いくらシールがカワイーンからって1日ごとに剥がすことにシマシタヨーダ


「二度あることは三度」で思い出したけど。
実は数日前から夫がインフルエンザにかかっておりまして。

…前回の記事を覚えておいででしょうか?
デジャヴではありませんよ?
そう、そうですね、前回の記事に書いた通り
夫は先月もインフルエンザにかかっているんだよぉぉぉおおお!!
そしたらまーーーたかかっちゃったんだよぉぉぉおおお!!
な゛ん゛でだよ゛ぉぉぉおおおおお!!(←藤原竜也




えー、詳しい内訳を書きますとですね、

⚫12月には大風邪ひいて高熱で寝込み、
⚫1月はインフルエンザB型なのに激症、高熱で寝込み、
⚫今月はインフルエンザA型。一時高熱。

毎月高熱出して寝込んでいる夫。
二度あることは三度あるのね、とか言って。
だから な゛ん゛でだよ゛ぉぉぉおおおおお!!(←藤原


そして夫は人生で初のインフルエンザだったようなんだけど
まさか立て続けにAもBもやるとはね☆彡.。
キャワイソウ

そんなワケでこないだも夫を病院に連れてったり
病人用の買い物をしたりとバタバタしていたら、
まんまとその日わたしはノルバデックス飲み忘れてた。わはは。
わははじゃねぇ。
ほんと気をつけよ。。。


でも。
こんな密室でインフルエンザ患者と毎日24時間一緒に過ごすなんて
絶対うつると覚悟してたけどわたし未だチョー元気☆彡.。
ヨカッター!!健康一番!!

夫も早くよくなって!!
ラブだよ!!ラブ!!

プラセボかなとか思ってた

先月の話だけど。

正月過ぎて1週間もしたら、
夫がインフルエンザになりまして。

イナビルという吸入型のインフルエンザ専用薬をもらってきたの。

f:id:clichang:20180204231748j:plain

インフルエンザのときは注射と飲み薬だと思ってたんだけど
近ごろはこんな吸入型もあるんだね。

ところがこの中に入ってる粉薬、
臭いや味があるわけでもないそうで
ほんとにちゃんと吸入できたのか?よくわからないんだよね。

吸入したと強く思いこんで
プラセボでも効けばいいんだけど。
(せっかく出してもらったいい薬をプラセボ効果と片づけようとするわたし失礼


そしてイナビルが効いたのでしょう
夫は徐々によくなり、インフルエンザ騒動はめでたし一件落着したんだ。
健康て素晴らしいね。


そしてあれは夫のインフルエンザが治って1週間たった頃かな。
東京には大雪が降った。

f:id:clichang:20180204231943j:plain

f:id:clichang:20180204231959j:plain

雪が降るほどの低気圧のせいなのか
はたまた寒さのせいなのか
今度は白いニャンコが…!!

歩いてたら突然アンヨの関節がグキッとなったっぽくて
激しく痛がり叫ぶわ逃げるわであら大変!という事態に。

表はモッサモッサ雪が降ってるから動物病院にもつれてゆけず。

動物のお医者さんであるお友だち:うりこさんに連絡をとって
いろいろアドバイスをもらった。
こういう困ったとき、ほんとによく助けてくれる。
あらためましてありがとう、ほんとうにありがとう!


結局ニャンコは、この日の夜はチョー寒いのに
台所の隅っことか
脱衣所の珪藻土マットの上とか
玄関のたたきとか
修行でもしてんのかな?と思うような
冷え冷えのところで痛い痛いと時々唸りながらメソメソ過ごしていた。
「関節はきっと冷えると尚よくないよ。」
と説明してもそこはニャンコ。
あんまり理解してもらえず痛みでウオーン!!とか言ってるだけだった。

翌朝起きたとき、やっとたどり着いたと思われるネコ用トイレの中で小さくうずくまってた。
チッコしたままへたりこんだんだろうな。
不憫よのぅ。

その隣りで いつも通りチッコをして去ってゆくシマシマニャンコ。

f:id:clichang:20180204232037j:plain

なんというマイペース。



このままではかわいそうだから白ニャンコが篭もれるような部屋を作った。
その名も「ダンボール箱ICU」…!!

ジャジャーン

f:id:clichang:20180204232100j:plain

…貧乏くさい?

でも。
天井もあくから介助がしやすいんだよ☆彡.。キラリ

本人も気に入ったようで大人しく入っている。

f:id:clichang:20180204232133j:plain

ペカー


いつもは少食でムラ食いのこのコなのに、
このICUに篭っている間はゴハンをいつもの3倍くらい食べてたんだよな。
ンーコもいつもの3倍出てた。
痛いからストレスたまって→ヤケ食いしてたんだと思う。
「入院中の楽しみなんて食うことしかない」
という患者のアレ。

f:id:clichang:20180204232238j:plain


そういえば…
一昨年 乳がん手術のために入院したとき
隣のベッドのおばあちゃんが
食べちゃいけないと言われてるミカンを食べたいと懇願するんだけどやっぱりダメで
結局看護師さんにミカンを没収されてたっけな
と思い出し遠い目をしながらわたしはニャンコの介助をした。

あのおばあちゃんはお元気になったろうか。
…きっとお元気だな。
今ごろ心置き無く大好きなミカンを食べてるだろうさ。


そして。
ニャンコ用の痛み止めを持っていたんで
ICUにいるニャンコの口をこじ開けてポイッと飲ませたんだ。

薬、効くといいな。

そしたら。
しばらくしてニャンコがひょっこり自力で出てきた!

f:id:clichang:20180204232305p:plain

ほぼ普段通りの感じで歩いてる。
いや~ あの薬がよく効いたんだな~
ヨカッタ、ヨカッタ!(*´ω`*)

じゃあね。さてさて。
白ニャンコが外に出てる間にICUの中を整えとこうかな、と毛布をなおしていたら、
さっき飲ませたハズの薬が。。。
ペッと吐き出されてそこに転がってた。

…アイツ…飲んだフリして
わたしが去ったあと吐き出したな…!!

いやそれともナニか?
自分でも何か薬飲まされた!
と思ったけど口の端からこぼれて…

アレか?プラセボか?
どうなの白いニャンコよ。

でもまぁいいの、痛くないならそれで。
念のため落ちてた薬はもう1度
今度はキッチリ飲ませたけど。



…などという出来事がね。
こないだあったワケだよ。(長い

今やニャンコは痛みをコントロールするサプリメントを飲んだり
自分でもきっと動きを加減したりして
ほぼ元通りに過ごしているよ。
今朝は縦横無尽に家の中を走り回ってた。
ほんとうにヨカッタ。


そして。
わたしはと言うと。
いたって元気。

ただね、去年の夏からつづけていた
クオールというサプリメント

f:id:clichang:20180204232343j:plain

目眩もだいぶ落ちついたし
なんかいつの間にかヌル~とやめちゃってたんだ。

で、そういえばひと月は飲んでないなと思い出した。
「そういえば」などと思い出した理由は
また目眩がちょっと復活した日が続いたから。
Oh no…

久しぶりに目が回ったよ。
イヤな感じ。
目眩なんて。


もしかしてやっぱりエクオール
効いていたんじゃないかな。と思えてきた。
プラセボかなとか思ってた時期もあったけど。
やっぱりやっぱり ちゃんと効いてたのかも。
ごめんなさいいつもプラセボかなとか
なんかあんまり信じてないみたいな感じで。

また心を新たにしてわたし
クオールを飲み始めたよ。
そしたら目眩はだいぶ落ちついた。
継続は力なり、なんだね。なにごともね。

ホルモン治療やってる間は
クオールはちゃんとつづけよう。
決して安くはないんだけど。
そうなの、安くはないんだ。

でも、毎日を元気に過ごすためと割り切って。


というワケでインフルエンザの大流行や
寒さによるギックリなど
あ、あとも少ししたら花粉も始まるって
みなさんも気をつけてお過ごしくださいねー( ´ω` )/

またねー

正月アドベント

今月のアドベントカレンダー

f:id:clichang:20180116204929j:plain

ひと月ずっと正月気分。えへへ。
正月大好きヾ(*´∀`*)ノキャッホウ!

いや~ めでてぇ めでてぇ(頭


この正月シールがカワイーン過ぎて剥がしたくなくてね、
薬飲んでもずっと貼りっぱなしにしてある。
飲み忘れ防止のためにはシールは1日ごとにはがした方がいいんだけど。

でもだって。
お雑煮とか。
このお重に入ったお節とか。
獅子舞とか。
なんだこの…
この…

カワイーン!!カワイーン!!(半狂乱


まぁでも さすがに
2月になったら一斉に剥がして
紙のカレンダーにペタペタ貼り直そうと…
思っていないこともないよ。(迷いの残る言い回し

でもだから。それまでは。
正月気分でいさせて♡(o-∀-o)♡

ミノンの行方

あけましておめでとうございます(遅い


今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年もきっといい一年になると信じています。
なぜかはわからないけど。
毎年そんなもんです。
絶対いい年になる。
毎年年末に言ってるもん。
「いい一年だったなー!」
だから今年も。
いい一年。
決定。

皆々様におかれましても。
いい一年。
決定。




さて。
正月があけてから5年ぶりくらいの友達と会ったんだ。
彼女を仮にキヨミズさんとしようか。

キヨミズさんは、わたしより2つか3つ年上の女の人。
20代の頃 仕事で出会った人なんだ。

久しぶりに会って驚いちゃったよ。
キヨミズさん肌めちゃキレイなの。
色白で、つるーんとしてて吹き出物なんかひとつもない。
20代の頃から肌の感じ変わってないよね?というくらい。
前会った時よりピカピカかも。

ねぇ?
なんで?
どうやって?
ちょっとおせーてよ。
と軽く問い詰めたところ、教えてくれた。





「わたし 頭も顔も体もミノン1本で洗ってる」




∑(゚Д゚;)み…
ミノンーーーー!!
ミノミノ ミーノーーーーーン!!(ベートーベンの「運命」で

マジで?
いつぞやも書いたと思うけど、
わたし去年の放射線治療中に使ってオッケーて言われたミノン、
匂いにつられて2度ほどチョロリゲロしたことがあって
以来怖くて使えずに1年そのまま風呂場に放置されてるんだけど。

え、ちょっと待ってそのミノンが?
わたしのトラウマ:ミノンが頭からつま先まで全パーツ洗浄イケる上にそんなにキレイになれちゃうワンダフルビューティーバスグッツだと言うの?

ミノンのホムペ調べてみたら
確かに「全身シャンプー」て書いてあったけど、
まさかわたしシャンプーにまで使えるとは知らなかった。

f:id:clichang:20180114113744p:plain

ほんとゴメンなさいだけどわたし
どうしてもミノンの「合成物質です」て匂いがダメなの。
「石油から作りました」て感じしない?
ゲロ吐きそうにならない?て
キヨミズさんに話したら、

「え!!ミノンは濃い石鹸のいい香りだと思ってたよ、
むしろミノンの香りでいい女を演出できるかもと思っていたんだけど。」
と言っていた。

せ、石鹸の…?
濃い…香…り…?

あ、何それ、新情報?
そんなふうにとらえられる匂いだっけミノンて?
ちょっと待って かいでみる…

スー…

あ…ほんとだいい香r…

Σ(;´Д`)クセェ!!

ゴメン!!やっぱクセェ!!
キヨミズさんがご愛用なのにクセェとか言ってほんとゴメン!!
でもやっぱわたしダメみたい。


という一連の流れがあってさ。
ミノンだけの話じゃなくて、
顔を洗うが如く化粧水を使うとか、
ファンデーションはCCクリームを使うとか
色んなことを教えてくれた。
全部心の手帳にメモをして、
キヨミズさんが帰宅後はスマヒョのメモアプリに覚え書きをして、
わたしその晩から早速化粧水をジャブジャブ使ってみたりしたんだけど…

やっぱりミノン…

あのキヨミズさんの肌のキレイさ。
ミノンの功績は大きいんじゃないかなと思って。
やっぱりもう1度トライすべきではないのか?
ただですら直射日光の下で仕事してる時もあるんだし、
わたしはほかの人よりケアはするべきではないのか?

風呂に浸かりながらチラッとミノンに目をやる。
風呂場の片すみで「そろそろ捨てる時か…」と思われそのまま放置されてたかわいそうなミノン。
ちょっと使ってみよか。
ポンプを押して出してみた。
そして恐る恐る頭を洗ってみた。

…クセェけど。

でもそうだな、石鹸の濃い香りと言われれば
そんなふうに思えなくもないかもしれない、
いやしかしだ、チョロリゲロ…は出そうもないな、
そうだった 去年吐いたのはノルバデックスと放射線の副作用で元々吐き気があったんだものな、
今は今は今は今は今は健康。
元気で吐き気などない、
だから大丈夫!ちょっとクセェだけ!

自分に言い聞かせながら頭を洗ってみた。


結果。
「めっちゃよかった」
スッキリ洗えたようなんだけど軋むこともなく、
その後のトリートメントの入りがいつもよりいい。
つるっつる。
乾かしても いつもより髪の状態がいい。

顔も体もミノンで洗った。
でもまぁ肌に関してはね。
ターンオーバーとかが月単位であるから
1回使ったくらいじゃきっと何も変わらない。
毎日つづけてナンボでしょ。
5年後 10年後に差が出るのでしょ。

わたし ビオレのベルガモット&ハーブの香りが大大大好きで、
もうボディーソープはコレだけを使ってゆこうと思っているんだけど、
首から上は(頭と顔)はシャンプーと石鹸や洗顔フォームなどをやめて、
これからはミノン1本で行こうかな。
と考えを改めた。
クセェけど。

でも匂いが苦手なだけで洗い心地バツグンだね。

わたしも5年後キヨミズさんのように
ピカピカ肌になってるかしら。うふ。

術後1年のマンモグラフィ

数日前の21日、3ヶ月おきの乳腺外科通院だったの。

f:id:clichang:20171223215153j:plain

術後1年経ってるってことで
今回マンモグラフィの撮影もある。


こないだのブログでも書いたけど
手術痕は硬いし、この頃モンドール病(静脈炎。自己診断。)までできちゃってるわたしの左おっぱい。
マンモグラフィで挟まれたらめちゃ痛いんじゃないか?
…いや、そこまでじゃないか?と
前日の夜に試しに自分の手で挟んで圧迫してみたら…

痛ってぇ!!
いや痛てぇに決まってるだろうが!!
静脈炎だっつーの!!


というワケでね。
マンモグラフィやる前に裸のまま
技師さんに左胸が痛い旨を伝えてさ、
「そんなワケで挟むの、ちょっと加減してはもらえまいか」
とお願いしてみたんだよね。

「わかりました」とか言って。

技師さんもあまり「わしづかみ」みたいにせずに
なるべく丁寧におっぱいをこう…つかんで…

痛ってぇ!!

やっぱ痛ってぇ!!

つかむんだもん、「わし」掴みにしないだけで
普通につかんでおるもんよ、そりゃ痛いよ。
腕伸ばしただけでモンドールのとこは痛いのにさ。
つかむんだもん。(←しつこい)
んで、その上挟むんだもん。(←ギャー)

めちゃ痛てぇ!!

「腕は機械に添えるだけでいいですよ
力抜いてください」
て言われたけどムリムリムリムリムリムリ。
中島みゆきの歌みたいに
拳の中で爪がつき刺さるくらいのグー握り。
鬼瓦みたいな形相で固まっていたら

「今、痛みはどうですか?」
て訊いてくれたけど返事ムリムリムリムリムリムリムリム。

f:id:clichang:20171223214756j:plain

息も止まっちゃってるもん。
空いてる方の右手で ももの辺りをペチペチ叩いて(ギブ!ギブ!)てやったら
「じゃ 急いで撮影しますね」
て走ってくれた。

機械から解放されて ホッとしてたら

「ザ 悲報」みたいな顔をして出てきた技師さん。

まさか…。。。

「さっきのだとやはり挟み方が足りなかったみたいで…」

うああああー!!
言うなー!!
みなまで言うなー!!
その先は聞きたくないー!!

というワケで左胸だけマンモやり直しとなりました
(つд⊂)メソメソ

こんなことなら最初に「加減してほしい」なんて言わなけりゃよかったな。
そしたら1度で終わってただろうに。

もちろん2度目はキッチリと
センチネルリンパ節生検の傷痕も込みで
肋骨上の肉まで寄せ込む感じで強く挟まれたからキチンと撮れたみたい。

もうわたしマンモグラフィはイヤだな。。。
だって痛いんだもの。

機械から解放されたあと
おっぱい持ってその場で小刻みに地団駄。
ほんと痛かった。。。


その後 乳腺外科の待合所へ。
予約時間から1時間ちょい過ぎて呼ばれた診察室。

A先生に
「変わりはありませんか?」と訊かれて

モンドール病というのになっているかもしれないです」
と伝えた。

診てもらったら
「あ、ほんとだ、ここにありますね、
コレはモンドール病で間違いない」て。

「特に治療などはありません。
ほっとけば数ヶ月で治ります。
こんなこともあるもんだな、という気持ちでいてください」
と言っていた。

「傷痕も、モンドールもあって
さっきのマンモグラフィがとっても痛かったです」
と泣きごとを言ってみたら

「術後1年くらいだと、傷痕がまだ硬いから
挟まれると痛いでしょうね。
でも年月が経つごとに柔らかくなっていって
痛みもなくなってきます」

「ほう、そういうものですか」

という会話をしながら
エコーをクリクリ。

さっき挟まれてきた余韻と
モンドールの突っぱる痛みに
エコーが滑るのもまた刺激になって
また少し顔が鬼瓦になってきてしまったのだけど
みっともないので顔を横に背けたら
そこにはA先生のケツがあって、
なんだわたし変態みたいになってるなと思って
なるべく普通の表情に戻して心で泣いて
まっすぐモニタを見るように努めた。
その代わり足の指はきつくグーに丸めていた。

そして相変わらず健側の右おっぱいには
マンモグラフィとエコーでも線維腺腫が確認されて
サイズを測ったり 血流を診たりもしてくれて
その上で「はい、今回も問題ありません」
とのことだった。

急激に育ったり モヤモヤ変な形になったりしていなければ
いたって普通の線維腺腫なのだそうだよ。

次の通院は3月。
採血があります。

あぁ、ほんとに1年なんてあっという間ですね。
目眩があって大変だったことも
ずっと前のことみたい。

今年もお世話になりました。
先生 よいお年をお迎えください。

診察室を出る頃にはとっぷり日も暮れていたよ。

f:id:clichang:20171223215219j:plain

このまま直帰しても帰宅ラッシュでひどいから
病院最寄駅の駅ビルにあるカフェでのんびりゴハン食べて、
マンモグラフィ頑張った」ことを理由に
行きで目星をつけていたニットワンピを買って帰った。

通院のたびに言っちゃうけど、
ほんとよく放射線治療中は
こんな道のりを毎日通ったなと思う。

そしてとにかくこの日、
今年最後の憂鬱なこと(マンモグラフィ)は終わったんだ、バンザイ!

年末。
大好きな時期だから
忙しいフリをしながら年末気分を満喫しつつヘラヘラ過ごそうと思う。

みなさんも 風邪など召さぬようにね~!
ちょっと早いけど「メリークリスマス!」
ジングルべーがやってくるよ!うふふ

ビジュアル化 モンドール

タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッ
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=( っ・ω・)っ
※「師走」ビジュアル化



なんかね。
わたしモンドール病になっちまったっぽいよ。(唐突


モンドール病とは。
「亜急性皮下静脈炎」だってさ。
簡単に言ったら血管に炎症が起きてるとのことだよ。

このところ、腕を上げるようなポーズになると
乳癌手術痕からろっ骨にかけて
引き攣れるような痛みがあるんで、なんだろう?と思ってたんだ。
ほら、マタドールのわたしとしては?
このポーズとらないワケにはいかないし?
辛いなって?思って?



わかっちゃいると思うけどあえて書けばマタドールというのはウソなんだけど。
マタドールみたいな華麗なポーズで
乾燥した皮膚をカキカキしていただけなんだけど。


なんで痛いの?と思って
裸で鏡の前でバンザイしたら痛みがビジュアル化したみたいに
皮膚の下に細いミミズくらいの筋ができてた。
7cmくらいだろうか。

こんな感じ。↓

f:id:clichang:20171203232612j:plain

術後まもなくから引き攣れるような痛みはあったんだけど
皮膚を引っぱって縫い合わせてるし、
しばらくはそういう痛みも多少あって当たり前だと思っていたのさ。
その時と同じような引き攣れた痛みが起きてきたから不思議だったんだ。



モンドール病になる原因は不明だけど、
外傷や手術の後におきることがあるんだそうだよ。

もしかしたらわたし、術後まもなくも血管炎はあったのかもしれないね。

このモンドール病、良性疾患で特に治療なども必要なく
2、3ヶ月もすれば自然に治るんだってさ。



↑上に書いてきたようなことはインターネッツで調べただけで、
お医者さんに診断されたワケじゃないから断言できないけど
モンドール病で間違いないだろうね。

今月中頃に乳腺外科の通院があるから、
その時A先生に訊いてみようと思う。




…はっ!!!!!!("⊙Д⊙")

というか!!

乳腺外科受診前に!!

術後1年てことで!!

マンモグラフィー!!

撮ることになっとるよね!!



…血管炎起きてるのにあんなもので挟まれたりしたら…


↓あんなもの

f:id:clichang:20171203232652j:plain

ギュウ…

いやだチョー痛そう…!!
痛くてもんどり打つ!!
派生してモンドーる!!
モンドール病だけに!!

メソメソ…
イヤだな…
ただですらマンモ好きじゃないのに…
まだ行ってもないのに帰りたくなってきた…

モンドール病 通院の日までに治ってくれないかなー!!

おしまい(涙声

1周年

去年の今日、わたし手術しました。
祝!1周年!ヾ(●´∇`●)ノワーイワーイ

「祝」でいいのかな?
うむ、いいのだな。
イヤなものを取り除いてもらった日なんだからね。



しかし思い返せばこの1年間は
ものすごい早さで駆け抜けたよ。

今になって思うと、仕事を休むこともなく
日程を調整して納期も守りつつ手術に挑んだのだった。
1月・2月には 片道2時間半かけて
毎日 放射線治療に通っていたんだよね。
その間も仕事は休んでいない。
割と都合は付けやすい仕事ではあるのだけど。
でも、当時よく「休まない」と決めたもんだなと思う。

毎日の放射線通院、これからまた同じように仕事続けながらやれって言われたら
イヤイヤぁ絶対ムリっすね、て言うと思うんだ。
じゃあ治療期間中はしばらく仕事お休みします、てね。

当時あまり考えてなかったのだろか、
それとも体力に自信があったのだろうか、
今ではちょっと考えられないような選択をして
何もかもを頑張っていたな。
意地だろうか。

いや、単にお金なかったんだな。
働かねばならなくて。
まさかこの年で癌になっちゃうとは思ってなかったから
ガン保険とか何も入ってなくて。

そしたら義父ちゃんや両親が
援助してくれたのだった。
断ったけど「お見舞いだから受け取りなさい」と言ってくれたのだった。

夫もよく家のことをやってくれてた。
放射線治療中は、ただでさえ人手不足なのに夫の会社の人たちが
ムリクリ調整してくれて夫を早く家に帰そうとしてくれた。

1人で頑張ってたワケではないな、と改めて思うよ。

そして去年 何もなきゃ出演するハズだったとあるライブイベント、
「その日手術なんだ」とか言って出られなかったんだけど
今年は元気に楽しく出ることが出来たんだ。


1年前↓
f:id:clichang:20171128133359j:plain


今↓
f:id:clichang:20171128133340j:plain

すごいビフォーアフターをひっぱり出してきたと自分でも思うよ。
えらい違いだな。
実に感慨深いね。

もう1年とはね。
早いもんだねぇ!
またこれからも元気で1年1年過ごしてゆきたいな!