ここにある。

2016年夏。乳癌になっちゃったよわたし。

9月の乳腺外科通院 腹がへって

9月末には乳腺外科の受診があった。
3ヶ月おきの通院です。
予約時間は1:30。

この日は半年に1回の血液検査もあったの。
だから乳腺外科へ行く前に 別の階にある採血コーナーに寄るために、予約時間よりもう少し早く病院に着いてなくてはならない。

病院までは片道2時間だから…(遠いっ!!あらためまして!!
…ということは、11時過ぎには家を出てなくちゃいけなくて、
昼ごはんを早めに食べていこうと思ってたんだけど
なんやかんや いろいろやってるうちに
気づいたらもう出かけなくちゃいけない時間になってて
結局何も食べられずにわたしは電車に飛び乗った(←雰囲気的に飛び乗った。ということ。駆け込み乗車はしていません。(釈明

そんなこんなで腹ペコのまま採血。

その後乳腺外科で受付を済ませて待ってるんだけど、わたし気がついた。
なぜかこの日の患者の皆さん、呼ばれてもなかなか入ってゆかない。
その日割り当てられた番号で呼ばれるというシステムなんだけど、
自分の番号を忘れているのか、3度呼ばれても反応なし、名前を呼ばれてやっと入っていく。
こんな感じが5人くらいつづいた。

ただですら混んでるし もう既に予約の時間から大幅に遅れている。
みんな、前回通院の時のわたしのようにやれとは言わない(急ぎ過ぎてキャミソールをYOUはSHOCKしたあの日のわたし)。
でも、一度呼ばれて誰も入ってゆかないなら、自分の番ではないのかと 手元の番号をあらためるくらいのことはしたらいいんではないの?
そんなムダな「誰も診察室に入ってゆかない」状態でだいぶ時間食ってた。

結局名前を呼ばれても待合スペースにすらいなかったみたいで、2人は現れなかった。
席を外すことくらい受付に伝えておけばいいのにね。

もうさ、昼メシ食べてないもんだからわたし。腹が減ってなおさらイライラしてくる。
このままでは精神衛生上よくないな。

何か、甘いものでも飲もう。
売店に行ってほうじ茶ラテとかいう飲み物を買ってみた。
待合スペースにてゆっくり飲もうと思ったのに、なんだコレ!うめぇ!つって一気飲みしてしまった。

f:id:clichang:20181011184513j:plain

「しあわせな香り」。
だそうです。

このようにして瞬時に血糖値の上がったわたしのイライラはほぼ消えた。
もっと早くこうしておけばよかった。

んで、ついにわたしの番が回ってきた。
もちろん1回呼ばれただけで入っていくよ。
前回ほどではないけど キビキビいこうと思う。
ノックして扉を開けたら、診察室のA先生は 立っていらした。

んっ???と思ったけど、
A先生、立ったまま「血液検査 異常はありませんでした。その後何か変わったことはありませんか?」
と矢継ぎ早に訊いてくる。
イスはそこにあるのだが、座ることができない。
よっこらしょ、とかやってらんない。
なんというか、この日のA先生には「巻いてこう!集中してこう!」みたいな若干体育会系的な熱い雰囲気が漂っていた。
もしかしたらその場で駆け足していたような気もする。(してない

せ、先生!わたし今日まだ昼メシ食べてないんです!
走れません!わたし走れません!
と思ったんだけどさ、
…そうだよね、駆け足こそしてなかったにしで、
呼んでも誰も診察室に来ないというムダな時間が多かったから、
こうして急がなくちゃいけない。
先生だってヤキモキしてるんだ。
座ってるヒマなんかない。
あらためて「みんな!しっかり自分の番号覚えといてよ!巻いてくよ!」て思った。

では、ということでカーテンを引いてYOUはSHOCKしないようになるべくサッサと服脱いでエコーをやってもらった。
もちろん異常なし。

そしてまたA先生に問われる。
「ノルバデックスは何日分残っていますか?」

わたしは息をするようにウソをつく。
「5日分ですかねぇ」
ほんとは2週間分くらい残ってるのだ。えへへ。(飲み忘れの降り積もり。えへへじゃねぇ。

「ではまた3ヶ月分 ノルバデックス出しておきますね。
次回の診察は12月です。
ちょうど2年になるので、次回はマンモグラフィを受けてからこちらへ来てください」

はぁ????!!!!
一年おきのマンモグラフィ こないだ受けたばかりだよね???
静脈炎(モンドール病)ができてて 軽く死ねるほど痛かった思い出。
そう、マンモグラフィはこないだ受けたば…

いや、もうそんな時期…???

月日の流れの早さに驚いて
「もうそんなになるんですねぇ、はやいでs…」

そうだった、こんな呑気な雑談をしてるヒマはないんだった。

「それでは、また。ありがとうございました」
と言って血液検査の結果の紙をもらい、キビキビとした動きで診察室から出てきた。

薬の処方を待つ間 さっきもらった血液検査結果を見てみたら
なんかいくつかLowとかHighがついてた。
でもまぁ低い・高いって言っても誤差みたいなもんだった。
よかったよかった。

f:id:clichang:20181011184537j:plain

というワケでね。
お会計と薬の受け取りが終わったら
併設カフェでようやく食べ物にありつけた。

f:id:clichang:20181011185041j:plain

時間は15:30になってた。

次回の予約は14:30。
昼ごはんを食べそびれたらまた大変なことになるね。
キチンと食べてから行こうと思う。
ゴハン、大事。

ケッコー コケッコー

´-`)チラッ

ここにログインするのがあまりにも久しぶりすぎて素直に入れず
出入口でウロチョロする寅さんみたいになっておりました。
2ヶ月ぶりくらいかな。みなさんお元気ですか。あ、さようでございますか。それは結構。結構 毛だらけ猫灰だらけお前のケツは…(自粛


冗談はさておき、この夏は異常に暑いと思ったら
度重なる台風やゲリラ豪雨災害、加えて北海道の大地震…。
被災した方々には心よりお見舞い申し上げます。



この夏一体わたしは何をやってたかというと、
ライブ出演が決まったり、わが家のかわいい白ニャンコが体調を崩したりしたもんで
8月中は夫婦揃ってほんとに忙しかったのでした。


f:id:clichang:20180927152057p:plain

白ニャンコの世話をしながらバタバタと生きてたら、
ある日 さくらももこさんが亡くなったと知った。
乳がんだったんだね…。知らなかったよ。
7年前から闘病していたとか。

わたしが中学生の頃からテレビ放送が始まった「ちびまる子ちゃん」。
賑やかでかわいくて 素朴で優しくて あっという間に惹き込まれたよ。毎週楽しみにしてたっけな。
ももこさんが亡くなったニュースから後しばらくは喪失感が抜けなかった。
ももこさん 安らかにね…。



さて。
8月末に放射線科受診だったんだ。
半年ぶり。
え、もう半年?て思った?
うん、わたしも思った。

その日放射線科の看護師の満里奈さんにもチラッと会ったけど、
お互いに どうですかー?元気ですよーて。
うんうん、それが何より。一番大事。

で、その日ね、わたし チャボのTシャツ着てたんだ。
チャボて言っても仲井戸麗市でなしに。
チャボ。コケコッコーの方。

コレね。サイコーにステキなTシャツ。

f:id:clichang:20180927152119p:plain

昔、実家でチャボ飼ってたことがあるんだよね。
飼おうと思って飼ったんでなしに、父の畑に捨ててあった。
周りもヨソの畑だらけのそこは、どこからかチャボがうっかり迷いこんでしまうような場所ではなく。
人の手によって連れてこられたのは間違いがなかった。

きっとヒヨコの時に買ったけど、大きくなって鳴くようになったら普通の住宅では飼いきれず、そこら辺の畑に…と。
あぁ、これは捨てられたんだな、捨てチャボなんだな、と父が拾って帰ってきたというワケ。

それからそのコはオスのチャボにも関わらず
「ニワコ」と名づけられ終生かわいがられた。
優しくて賢くていいコだったんだ。


f:id:clichang:20180927152408p:plain

f:id:clichang:20180927152426p:plain


そんなワケでわたし チャボが好き。
だからチャボTシャツを着て
「こんなステキなTシャツ誰も着ておるまい、うへへ」と、得意気だった。

そしてそんなチャボTのわたしは
放射線科の受付を済ませて待合所のソファに座って名前が呼ばれるのを待ってた。

どれくらい待った頃だろうか、
放射線治療を終えて点滴を引き引き出てきたオジサンのズボンを見て目が釘付けになったよ。

なんと、チャボ柄だったんだ…!!!!!!
総チャボ柄…!!!!!!

こんなことってあるんだね。
負けた気がした。
かわいいよね、、、チャボ、、、。



でさ。
ようやく呼ばれて、半年ぶりにジョボビッチ先生に会ったんだよ。

そしたらすぐに「Tシャツいいですね!」て言ってくれた。

f:id:clichang:20180927152450j:plain

あら。
まぁ。
わかりますぅ?
チャボなんですぅ。
いいでしょう。

なんて話してさ。
そしたらジョボビッチ先生言うんだよ
「わたし昔 ニワトリ飼ってたんですよ。かわいいですよね。でも…ある日…」

料理になって食卓に上がったんだとか(白目

「ニワトリへの認識が母とわたしでは違っていた」
わーん ジョボビッチ先生…!!(;Д;)


なんで病院に来てチャボやら鶏の話してるんでしょうかわたし。
まぁいいや。


半年前の診察から特に体調に変わりはないということを伝えたんだけど、
その何日かまえに初めて
放射線をかけた場所は汗をかかない」を強く実感したのだよね。
暑くて汗をボタボタかいてるのに、左胸だけサラッサラのカッサカサだった。
右胸はジットリ汗で湿っていた。

ということを伝えたら
汗をかかないと熱がこもるから 尚のこと暑く感じる、て。
汗をかかない、毛が生えない、という症状も
いずれ治ってきますからね。て。

そうなんだね。
わたしもうずーっと このまま汗をかかないおっぱいなのかと思ってた。
ちゃんと治っていくんだね。


そういえば放射線治療してしばらく、うーん 多分1年近くは
乳輪・乳首の色もおかしかった。
グレーがかったような色にくすんでて
なんだか汚かったのを思い出したよ。
でもそれも治ったもんね。
素晴らしきかな新陳代謝、バンザイ!

ちょっとずつだけどあちこち確実に治ってゆくんだね。



さて次回放射線科の診察はまた半年後の2月。
また「あっという間だな」って言ってる気がする。

その時もまた満里奈さんとも お互い元気だよて声を掛け合いたい。

おわり💕

忘れられていたアドベントカレンダー

ちょっと前の記事で
「梅雨でジメジメ鬱陶しいけど・心にまでカビは生やさないで☆彡.。(テキトー」
とか締めくくった気がするけど、
その何日かあとに梅雨明けってスゴクないー?
今年の梅雨明けめちゃ早いよねー。

で、気づいたら6月も終わってた、と。
そう、毎月恒例のアドベントカレンダー(ノルバデックスケースを更新しないままにー!!
ガーッデーム!!

しかも、じゃ今日6月の分も載せちゃうもんね、と思って
写真ホルダーのぞいてみたら
わたし…わたし…もしかしたら6月分の
アドベントカレンダーの画像消したっぽい。
ファーック!!

フラミンゴとか、サングラスとか、パイナップルとか、アボカドとか
なんかね、夏です!!カワイーン!!インスタ映え!!
的な、ギャルギャルしたシールだったの。

もう紙のカレンダーに貼りなおしちゃったから
こんな画像になってしまいますが。

f:id:clichang:20180703210938j:plain
f:id:clichang:20180703211004j:plain
f:id:clichang:20180703211025j:plain

このシールのおかげで6月は飲み忘れが1日もなかったよ。


それで思い出したんだけど、
先日の通院の時A先生に
「薬は何日分残ってますか?」て訊かれたの。
これは毎回そうなんだ。
飲み忘れがないか?のチェックなのかしらね。
わたしは答えた。
「あと5日分だったと思います」


えぇ、そうですわたしウソつきました。
わたし、3月と4月はめちゃ飲み忘れてて
訊かれた時点でほんとは15日分残ってましたー!!
過少申告しましたー!!
もう出される薬の数は変わらないんだし許してくださいー!!
あぁぁぁあああ…(嘘泣き


というワケで今月は忘れないうちにさっさと投稿しておこう。

7月のアドベントカレンダー(ノルバデックスケース

f:id:clichang:20180703211122j:plain

☆彡.。納涼☆彡.。オバケちゃんたち

今月も飲み忘れないように気をつけよーっとねー!

ほんと毎日毎日クソ暑いから
みなさま熱中症にならないように
気をつけて過ごしてくださいませね。

乳腺外科通院 Youは

こないだ 乳腺外科の3か月おきの通院だったの。

もうこれはお約束のように書くよ。
きっとこれからも毎回書くよ。

「遠い!!」(片道2時間半

もうデジャヴかな?くらいに書く。

「よく放射線治療で毎日毎日この距離を通ったな。」

家にはゴハンや薬の世話が必要な超高齢の白ニャンコを
ひとりで留守番させて出てきちゃったもんだから、
なるべく早く帰りたいな と思いながら出かけてってるけど…。

f:id:clichang:20180626150458j:plain

如何せんこの距離だもんよ、
1:20からの予約時間ですんなり終わったとして…
えーとえーと 計算中…ピポパポ…チーン♪
早く帰れたとしても4:30か。

うーむ、でもそんなすんなりいくわけない。
今わたし待ち時間なしで計算しちゃったもん。

きっとどんなに早くとも6時くらいにはなっちゃうな。
もしかしたら仕事上がりの夫のが先に帰宅してるかもしれない。
でも、夕飯の支度もしないで出てきちゃったし、なるべく早く早く帰りたい。
と思いながら診察券を出して待合室で待ってた。

1:20からの予約だったけど、呼ばれたのは2:20だった。
待ってる間はジリジリしたけど、
でも普段から激混みのこの乳腺外科。
1時間程度の待ち時間じゃ短い方なんだよな。

呼ばれて診察室に入ってゆく人は
だいたい10分か、長い人は20分。
病気が見つかったばかりの人には
家族への説明もあったりするから、
もうちょっと時間がかかってる。
後の人も詰まってる。

「早く帰りたい」という気持ちと
「次の人を待たせたら悪い」という2つの気持ちから、
わたし、なるべく素早い動きを心がけます!!
と決めて 診察室に入っていった。


ガラッと扉を開けて診察室に入ったら
鋭角に腰を曲げて挨拶したあと
キビキビとした動きで席につき
質問にも間髪入れずに受け答えよう。

エコーをかける時はカーテンの向こうにあるベッドへ案内され
「こちらを頭に寝てください」
と言われるワケだけどもう何度もやって知ってるからね、
先生が言い終わるか言い終わらないうちにバッグを置いて脱ぎ始めた。

「早くしなくちゃ!」

もう徹底的にコレ。

急いでるからカットソーとキャミソール二枚重ねで脱ごうとしたんだけど、
変に力が入っちゃって、脱ぐ時にキャミソールが
「ビリリーーーッ!!」て裂ける音がした。




f:id:clichang:20180626150521j:plain

You は ショック…

わたしもショック…


キャミソールを見てみたら、幸い 布は逝ってなかった。
脇からウエストにかけての縫い糸が切れたらしい。
一瞬「お前はもう死んでいる」
というケンシロウの声が過ぎったけど。
大丈夫だった。
よかった。よかった。よくない。よかった。


で、まぁエコーやってもらったわけよね。

「問題ないですね」

癌のあった左胸には異常がないのはもうわかってる。
手術してもらったんだし、再発予防にホルモン剤だって飲んでる。
こんなによく観察してもらってる。

どっちかっていうとわたしは
2-3cmの線維腺腫が入ってる右胸の方がいつも気になるんだ。
良性なんだけど。

いつぞや先生にきいたことがある。
「ホルモン治療を続けてるうちに、線維腺腫が消えちゃう、なんてことはありますか?」

先生は
「それはないです。10年とか20年かけて消えることはありますが」
と言っていた。

でもね。
いつもは線維腺腫のところでピピッと機械を操作して
静止画を撮影しているんだけど
こないだは静止画撮らなかったんだ。
あれ!と思った。

もしかして♡
小さくなってきてるとか?
はたまた もう消えちゃってるとか?

などと思ったけど、急いでいたから
「まぁいっか、訊くほどのことでもないな」と判断し
とにかく1分でも早く帰ることを意識して
何も質問をするでもなく
「ありがとうございました!!」
と、破れかけたキャミソールをまた着るわたしだった。

なんか今書いてて思ったけど
「破れかけたキャミソール」て徳永英明の歌みたいだね。
「壊れかけのRadio」的な。
あ。どうでもいいな、ほんとどうでもいい。

そんなわけで今回の通院も無事に終わった。

急いだことであの診察室の中で短縮されたのは
時間にするときっと多分50秒くらいだったんじゃないかな
と思うけどまぁいいや、心がけの問題。
「わたしは急いだ」。
この事実さえあれば。

ところがこの後いつもスムーズに受け取れる薬、
今日は早めの時間に診察が終わったから
薬局前には他の科の患者さんもまだたくさんいて、
なんやかんやで30分くらい待たされちゃったんだな。

病院出て夫にLINEをしてみたら、
どうやら仕事はもう終わったとのことで
わたしより先に帰宅することがわかったから、
白ニャンコは夫にまかせて
わたしはもう慌てることなく 気持ちに余裕を持って帰路についたのでした。

帰宅ラッシュの時間にも被らず
座って帰れたからよかったよ。

次の乳腺外科通院は9月。
その手前に放射線科で通院が8月末にあるんだっけ。
また慌ててキャミソールを You はショック しないように
前もって夫に休みをとってもらい
白ニャンコの心配なく通院したいと思う。

なんだか梅雨だというのに
全国的に30度を超えた暑い日が続いているね。
みなさん気をつけてお過ごしくださいねー!

認知機能⤵︎⤵︎⤵︎

こないだね。

テレビ番組を録画して欲しいという旨を
夫に伝えようとしていたんだけど。

普通はさ、「〇日の〇チャンネルの〇〇〇(番組名)の録画予約をして欲しい」
と言えばいいだけのことでょう?

ところがまず、何日だったかが不確かで
「6日?…いや5日だったかな?」てなっちゃって。

じゃあ次はチャンネルを思い出せなくて、
「6チャンとかだったかも。」

そして極めつけは番組名も忘れている。
「えーとね、金曜ロードショーみたいな名前。
…あ、金曜どうでしょう だ!」とか言ってんの。
それ「水曜どうでしょう」と混じってんだろ、
でもほんとの正解は「火曜サプライズ」だったんだ。。。
なんてこったよ。
もう何もかも間違えてんの。
いくらなんでもヒドすぎる。わたし。

でもね、日にちもチャンネルも番組名も、
一旦はキチンと覚えたことだったんだ。
で、伝える直前までちゃんと覚えてるの。
ところが口に出して言おうとすると
何もかもが吹き飛んでゆく。
空気に触れたらソッコーで風にさらわれるイメージ。
そう、わたしの記憶は風の中。
~あなたに伝えたいことがある~(キャッチコピー)
さぁ、カッコイイ映画のタイトルっぽくなって参りましたが
言ってることは単に「忘れっぽい」というだけのことという。
残念。


年配の人たちの
「えぇと、なんだったかのぅ、ほれ、アレだよ、なんだったかいのぅ」
とかいうの、このごろよくやってる。

もともとそんなに物覚えのいい方ではないし
ウッカリしたニンゲンでもあるもんで
「なんだっけ?てへぺろー!!」みたいなことはままあったけど、
それとはまた何か質が違うというか。
言葉では説明しずらいけど。
これマジでおばあちゃんじゃねぇかよ、と思う時がある。

どうも、ホルモン治療で目が悪くなって
物事をボンヤリみているせいか、
記憶するということにおいてもボンヤリしてきちゃったように思うんだよ。

おかしい、これはおかしいな、と思って調べてみたら、
ノルバデックスの副作用のひとつに
やはりあったよ「認知機能の低下」がこっそりと。

女性ホルモンと認知機能は密接に関係があるらしいんだ。
やっぱそのホルモンをどうのこうのする治療だものね、
物覚えが悪くなったりすることくらい普通にあるみたいだよ。

なんかもうそれが夫を捕まえて
「おたくどちら様?」とかまでのことじゃないし、
ほんとうに気をつけねば!という場面では
気を引き締めてめっちゃ集中して取り組むとか
自分でコントロールするだろうし、

買い物の内容を忘れたとか
リビングに何をしに来たのか忘れたとか
冷蔵庫開けて何を出そうとしてたかわからないとか
書くとちょっとアレだし不便なこともあるけど
普段中の普段、まぁ忘れたとて大して困らない程度のもんだからさほど気にはしていない。

でもほんと いろんな副作用あるね!
こうして自分が変化したように思うところを挙げているけど
ポジティブに取れば「自分のことをよく見つめている」ということだから、
悪いことじゃないでしょうね。
(軽微で笑ってられるからというのもあるが。)

3ヶ月おきの通院や超音波検査、血液検査、マンモグラフィの検査で
毎度「異常なし」と言われてホッとしながら帰ってくる。
多分それと似ている。
自分のことをよく見つめる。

でも早くホルモン治療終わりたいなー。
終わったら、この、目の霞みとか忘れっぽくなってるのとか
ちょっとしためまいとか ぜーんぶ消えるのかな、
いや、きっと消えるよね!と思うと
ホルモン治療が終わる予定の3年半後が楽しみなんだ!

そういえばまだ今月のアドベントカレンダーを載せてなかったのでまた次回。

f:id:clichang:20180620191448j:plain

梅雨のジメジメ・肌寒さ。
みなさん 体に気をつけて過ごしてくださいませねー。

視力の話

わたし、遠視でね。

本読んだりする時はメガネがあった方が楽。
でも顔になんか乗っかってるの好きじゃないから普段メガネはかけない。

遠視。
遠くが視える と書いて、遠視。
じゃあ遠くはよく見えるか?と言えばそうでもなくて、
遠くもあまりよく見えていない。
じゃあ未来はどうか?
未来は見えてるのか?
華々しい未来は見えているのか?
見えないよ?
見えるワケがないよ?
遠視はね、近くを見るよりかは遠くの方が幾分見えやすいというだけなんだ。
どこにもピントがあっていない。
でも一番ピントがあわないのが未来なのです。(何コレ


遠視。
一瞬なら、遠くも近くもピントが合わせられるという
便利なのか不便なのかわからない視力。
その一瞬のピントを合わせてわたしは物事を見ている。あとはボンヤリ。
そう。「わたしは一瞬の中に生きている」
…かーっこいーい!
あ。まって。まって。もう一つ。
「わたしは、今を、生きている」(≒未来は見えてない



さて、このことは今まで書いてきたかな?
ちょっと覚えてないんだけど、
どうも、ホルモン治療を始めてからなんだ、
その一瞬のピント合わせがうまくできなくなってきたのは。
近くのものがもうとにかくボンヤリ。
目を凝らして見るのは疲れるね。

そしてわたしはとうとう…!!

先月から老眼鏡デビューをしてしまったんだ…!!

f:id:clichang:20180605141248j:plain

ジーザス!!まだ42歳なのに!!
あっ!!もう42歳か!!
だいたいそんなもんか老眼は?
いや ちょっと人より早いなやっぱり。

遠視の人はそもそも老眼になるの早いって聞くけど。
にしても急にだもの。

調べるとノルバデックスの副作用として
視力が落ちるていうのがこっそり書いてあったよ。

やっぱりな。これは治療のせいだね。
治療を始めてまもなく目が霞み始めたもんね。
そう、老化のせいではないよ。
決まり。治療のせいなんです…!!(必死



というワケでね。
ならばもうこの目の悪さは仕方ないことかな、
ホルモン治療5年間のうち1年半が終わった今、残るはあと3年半。
その3年半のうちに更に悪くなったりしなけりゃいいなと。

視力が落ちたことによるものかどうかはわからないけど
ちょっと関係してそうな気がすることを次回また書くことにするよ。

プーさんではない

今月のアドベントカレンダー(ノルバデックスケース

f:id:clichang:20180528200411j:plain

クマさーん!ドリーミング☆彡.。
※プーさんぽいけどプーさんではない。


この2ヶ月半くらいで実は10日近く飲み忘れてしまっているのだよね…。
どうやら昨日も飲み忘れてたようだよ。
さっき見たらケースに薬が入ったままになってた。
ギャフン!

もはやこのアドベントカレンダーが機能しているのかわからなくなってきたけど、
いンや、きっとないよりはマシなハズ。

夫に「持病薬飲んだ?」と訊いた時なぜ
「自分のも」と思わないのか?
ニャンコに薬をあげる時になぜ「自分のも」と結びつかないのか?と
友達に言われたことあるし自分でもそう思う。

前回の記事でも書いたけど
「元気だから」という理由は大きいかもね。
それに飲まなきゃ痛い、とかじゃないんだモン(かわいく口を尖らせつつ

あと、めちゃ忙しい時には「後で飲む!」とやったまま忘れがち。
今日はもう飲んだんだ、大丈夫だよ☆彡.。



シールの、プーさんではないけどプーさん、で思い出したけど。
…ぉん?
プーさんぽいけどプーさんではない、か。どっちだよ。ワケわかんなくなってきたよ。

2人いたニャンコが1人になってから
寂しがったり体調を崩すようになっちゃったりしてね。

f:id:clichang:20180528200732p:plain

ただですら20歳という超高齢
あまり寂しい思いや心細い思いをさせたくなくてね。
遠出の好きな夫婦でよくあちこち出かけたものだけど
ニャンコを1人にしたままでいるのが気がかりで
この頃は近所を散歩するだけにとどめているよ。
でもまたそれが新鮮で楽しいんだけど。

そして春のレジャー施設バイトをそのまま夏まで続けるのを断り、
しばらくは仕事(収入)がなくても仕方ない、
なるべく家にいてニャンコの世話を焼いてあげようということになったんだ。

これじゃわたしプータローだね、プーさんだね、と。
がしかし。いンや、ちょっと待てよ?
わたしレジャー施設以外に本職あるし。
月に1、2度しか出勤しないだけでちゃんと働いてたわ。
つまりそれは 「※プーさんぽいけどプーさんではない。」

というワケでね。
笑ってくれてもイイよ、わてら夫婦はどうしたって今このコが中心なんだ。

f:id:clichang:20180528200813p:plain

しばらくはこのままでいいや~⊂( っ*´ω`*)っ
これからも長生きしておくれよね。