ここにある。

2016年夏。乳癌になっちゃったよわたし。

しましまニャンコと白ニャンコ

4月のアドベントカレンダー(ノルバデックスケース

f:id:clichang:20180417112533j:plain

春だしね。行楽。ピクニックの季節。
お弁当シールペタペタしたよ。
わたし、鮭の、お、お、おにぎりが好きなんだな。



この春もあちこち遊びに行きたいと思ってた。
ところがね。
気軽に外出できないようになってしまった。

というのも、実は、実は、実は…


もうじき20才になろうとしていた
わが家のカワイーン しましまニャンコが
3月末に虹の向こうに旅立ったの。

もう以下はネコブログかな?
という感じでネコのことしか書いてないけど今日は許してね。



しましまニャンコ。

f:id:clichang:20180417112632j:plain


書き出すとキリもない
このコのことは 語っても語っても
尽きないほどのエピソードがあるし、
ほんとうにかわいくて 愛しくて
いなくなってしまってから3週間経つけど
まだまだ ふとした瞬間に涙腺崩壊しちゃうくらいにわたしもダメージを受けている。


一緒に暮してた白ニャンコはね、
しましまニャンコと兄弟で
20年間 片時も離れず いつもこんなふうに
2人で抱き合って過ごしてた。

f:id:clichang:20180417112707j:plain

からしましまニャンコを亡くして
感じているさみしさは誰より強いだろうと思う。

f:id:clichang:20180417112730j:plain

いつも、一緒。

f:id:clichang:20180417112812j:plain

この白ニャンコ、しましまニャンコを亡くしてから
すっかり情緒不安定になってしまったんだよね。
口を開けばビックリするほどの怒鳴り声。
その後 子猫みたいに弱々しく鳴く。
ソワソワ落ち着かない。
ちょっと買い物に行く間 ひとりぼっちにされるのもイヤみたい。
不安なんだろうね。
買い物から帰ってきたら後ろをつきまとってものすごい怒鳴り声。


ゴメン、ゴメンね、買い物行ってたの、
ゴハンつくるから、許して、ゴメンね
とか言いながらいそいそとニャンコのゴハンの支度しつつ
「DV傾向のあるヒモがいるみたいだな…」
と思ったり思わなかったり。

とにかく、このようだから
白ニャンコをひとりにしておくのがかわいそうでね。
行楽シーズンだからと言えなかなか出かける気持ちになれなくなっちゃった、
という、ここでようやくアドベントカレンダーのシールの話に繋がるというワケ。



あのコのかわりにはならないだろうけど、
しましまニャンコにしてたように
寄りかかったり頭乗せたり、クッションのように使ってもらえたらと
ぬいぐるみを買ってあげたけど…
わたしが使ってほしそうだから期待に応えました、という感じで1度は使ってくれたものの
大して喜んではいないようだった。

f:id:clichang:20180417112842j:plain

そこで 友だちのうりこさんが、
さわり心地バツグンのフワッフワなクッションを
白ニャンコのために送ってきてくれたんだ。

一発で気にいったようで、届いてからというもの
このクッションでしか寝ていない。
優しく沈んでミチッと密着する感じが、
しましまニャンコと抱き合っているのと似ているんじゃないかと思う。
安心しきった顔でスヤリスヤリとよく眠るんだ。


f:id:clichang:20180417112911j:plain

そして、このごろは少しずつ 怒鳴り声も出さなくなってきた。
きっとこのクッションのおかげ。


これからは夫婦そろって仕事で留守にする日だってあるし
そんな日はさみしいだろうけど、ガマンしてもらうしかない時だってある。
こんな爺さんになってから こんな試練があるなんて ほんとに胸がしめつけられる。


でも、だから、なるべく、
あなたのことはひとりぼっちにはしないようにするよ。
家族みんなで あのコのこと想いながら
励ましあって抱き合って生きてゆこうね。


f:id:clichang:20180417112932j:plain

2月の放射線科通院 うららか

2月末日、放射線科の通院だったの。

あったかい日でさ。
すっかり春みたいだった。
薄手のブルゾンで充分だったもんね。

陽射しに誘われるように
病院近くの河川敷へ出て歩いてみたりさ。
あぁ、なんてのどかで素晴らしい日和でしょうか。

f:id:clichang:20180323095225p:plain

その時わたしが耳にイヤホンぶっさして聴いていたのは
男はつらいよ」のテーマ曲。
♪どうせオイラは ヤクザな兄貴
わかっちゃいるんだ妹よ~♪
てやつね。

f:id:clichang:20180323095425j:plain

もう気分は最&高!!
ちょーいい雰囲気!!
あぁぁぁぁあああああ!!
ぬぇー!!(*」>▽<)」寅っすぁーーーん!!(←桃井かおり口調で


わたしさ、寅さん大好きなのね。
こんなうららかな河川敷を歩いてたら
ぶらり旅の空の下の寅さんに会えるような気がして。

その日わたしは家に帰ってからたまらなくて
男はつらいよ のDVDを1話目から観ちゃったんだ♡
(全作DVD持ってる

はぁ。いい日だったな!



おしまい♡


…じゃない。
放射線科通院のことを全く書いていない。

半年ぶりの放射線科。
そして放射線治療を受けていた頃から1年。

今日も美しいジョボビッチ先生と
「早いですねー!」とか言いあってた。

「エクオール続けてますか?」
と訊かれて
「続けてます。
でも一時、意味もなくヌル~っとやめてた時があって、
そしたらしばらくしたらまた目眩がするようになっちゃって。
クオール、再開しました!」

「へー!エクオールてそんなに効くんですねー!」

「気のせいかもしれないですけどね。
でもそれで気分よく過ごせるならいいかな、と思って。
これからも続けます」

などと供述した。

f:id:clichang:20180323095924j:plain

あと、冬場は乾燥で左おっぱいがやけに痒かったこと。
以前もらっていたヒルドイドで対処したこと。

などを報告して、次回はまた半年後の
8月末に通院予約をとった。
きっとそれもまたあっという間なんだろうな。

近ごろますます 月日の流れが早いからね。
さっき起きたらもう寝る時間。
今寝たと思ったらもう起きる時間。
こんなことならずっと寝てたっていいんじゃないのかな?とすら思えてくるもんね。
そしてそんなふうにして毎月毎月。


この日診察室に付き添ってくれていた看護師さんは
一年前に放射線治療とホルモン治療の影響でゲッソリしていたわたしに
「わたしも乳癌で手術をした」と教えてくれた人だったの。
えーとね、名前を仮に「満里奈さん」にしようか。
なんでかって言ったら、この人目がクリンとまん丸で
渡辺満里奈みたいな女のコなんだ。

満里奈さん、放射線治療も受けたし
もう何年もホルモン治療を続けている。
ノルバデックスだけのわたしとは違って、
注射でのホルモン治療もしている。
注射のホルモン治療は副作用も強いらしいね。

「それでも体は慣れてくるし、
自分自身の気持ちも慣れてくる」
というようなことを話してはげましてくれたことがあるんだ。
優しい人。

この日満里奈さんは言った。
「次にクリコさんに会う半年後までには
わたし痩せてますから!(決意」

なんでか。

「わたし10キロ太ったんですよ~。あはは」

きっと、いや間違いなく、
ホルモン治療の影響でだろうね。

満里奈さんは小柄な人。
それなのに10キロも太ったなんて。

そんなに太ってはいないと思うんだけど、
初めて満里奈さんにあった一年前から
このような体型の満里奈さんで
それしか知らないわたしだったんだけど
こんなに小柄で10キロ太ったの…?
と思ったら えぇ?となって。
「それは…体動かすのもしんどいでしょうね」
マジレスするわたし。

「そうなんですぅ」

なんか言葉が出てこなくて
ボチボチ話したあと
「半年後 会うの楽しみにしてます」
とか言っちゃったんだけど、
それじゃまるで
「ほんとに痩せてるかどうかが楽しみ」みたいな聞こえ方になっちゃったかもしれなくて、
いや違うんだ、そうじゃないんだ、
ほんとはわたしこう言いたかった。

「半年後 痩せてなくたっていいですよ。
痩せるより元気でいてください。
また会えるのを楽しみにしてます」

一年前わたしをはげましてくれた満里奈さんに
キチンとこう伝えられなかったのは悔やまれる。

せめてせめて、
わたしも半年後 きっと元気でいよう。
お互いに順調だよと報告ができますように。

いつか満里奈さんと一緒に
柴又で団子でも食べられたらいいのにな〜。

おしまい♡(今度こそ

友達のニャンコ

随分遅くなってしまったけど。
今月のアドベントカレンダー

f:id:clichang:20180317135714j:plain

ネコちゃんたちー♡


わたしの大切な友達がお世話しているニャンコが
シールのニャンコみたいな三毛ちゃんなんだ。
カワイーンの。

で、このコがこないだ
乳腺にできた腫瘍で手術をしたんだ。
いつぞやの自分とかぶっちゃったな。

そしてこれまで世話をしてきたわたしのニャンコたちのことともかぶった。


麻酔手術のためにゴハンを食べさせられない時の心苦しい気持ちや
ニャンコの術中から、目覚めるまで、いや、すっかりよくなるまでの、
飼い主さんである友達の心配な気持ちを思うとね、
あぁ…!!となって わたしとってももどかしかったのでした。

わたしは東京、彼女は九州、
それぞれにある生活と物理的な距離。
こうなるとほんとに何もできなくて、
なんでなんでなんでなんだよ?!
ドラえもん!!と思ってたんだ。

ドラえもんよ、とばっちりかと思ったか、
だってもう今の時代ならとっくにできてる予定だったじゃないかよお前!!
そしたら借りられるものならどこでもドアを借りて、
いや、奪いとってでも、九州へ今すぐ行って
彼女にあったかいお茶でもいれて
手を握っていてあげたいと思っていたよ。
ニャンコから1秒も離れないように
受付とかお会計とか全部やってあげたかったよ。
(ニャンコに手出しをしないのはニャンコが怖がったらかわいそうだから)


…わたしが乳癌の手術をした時は
両親には「来なくていいよ」と伝えてあって、
というのも 母がちょっと調子よくない時期だったし、
遠く離れた病院だし、
来てもらっても多分話とかあんまりできないだろうし、
その割に一日中かかっちゃうし、
ということでね。
付き添いは夫にだけお願いしてたんだ。

術後に夫に実家へ手術の成功を連絡してもらった。
麻酔がすっかり覚めてから?だったかな、
翌日の朝?だったかな?
自分で実家へ電話して
「元気だよー 今日退院するよー」と話したんだったっけな。

1年ちょっと前のことなのに
ビックリするほど忘れてるな(´゚ω゚`)

というようなことを
かなりうろ覚えながらも思い出して
あの時きっと両親はすごく心配だったろうと
今になってあらためて思ったの。
手術は成功するとわかっていてもね。

癌だと告白したとき
母には「10年後も生きていてね」と言われて、
まぁ わたしのことだから9割型生きてると思うんだけど、
(というか9割型、というところが統計データのまんまというかね。)
あの時母はほんとうに祈るような気持ちで
「生きていてね」と言ったのだろうな。

というようなことを考えたり
思ったり
祈ったり
思いを馳せたり
していたのよ。


友達のニャンコはモチロン手術も成功!
今、傷を舐めてしまわないように
ピンク色のかわいいカラーをつけて
1輪の梅の花のような姿で日向ぼっこをしながら過ごしているみたい。

写真見せてもらったけどとってもカワイーンの。
こんなだった。

f:id:clichang:20180317140009j:plain

ほんとうによく頑張ったね。
これからもお大事にしてね。


そして。
考えてみたらわたし、先月末に行った
放射線科通院のこともまだ書いてなかったんだな。
次はそのことについて書きまーすφ(..)メモメモ

出過ぎの話

こないだ休みの日に夫と話をしてたんだ。

なんでそんな話になったのかは覚えていないんだけど、面白い話だった。

その話というのは
夫は昔自衛隊にいたんだけど、
戦車の乗り降りの速さを競う大会?みたいので優勝をしたことがあるんだって。

夫は少年の頃から野球やったりサッカーしたり
運動神経がとてもいいし身のこなしが素早いんだね。

そしてさ、肩も強かったんだって。
ソフトボールの遠投で、最高記録とまでは行かなかったけど
タイ記録を打ち出したとか。
夫は50を過ぎた今でも細身で筋肉質ないい体をしているよ。
今で言うところの細マッチョ?でいいの?
あら?今も細マッチョって言う?

それはまぁいいや。
ステキなの。

でね。

その夫が20代半ばだった頃のこと。
なんかね。
軽トラを意味もなく持ち上げてたって言うんだよね。

あ、待って?
ブログ閉じないで?
何言ってんのかよくわかんないよね?
うん、わたしもわかんない。
念のためもう1度言うね。

あのね、
軽トラをね、
持ち上げてたんだって。

…2度言ったところで意味のわからなさは深まるばかり。

夫は言う。
「体力が有り余ってた」

どうも、職場に軽トラがあったそうなんだよ。
そして職場の人が軽トラに乗って出かけようとするのを、
軽トラの後ろを持ち上げて阻止。
「前に進まない!」というイタズラをしていたらしいんだよね。

イタズラしたかっただけじゃなくてね、
ほんとに理由もなく軽トラを持ち上げてたこともあったとか。

夫…!!
それってもうそこにはピュアな気持ちしかなかったってことだよね?
「軽トラを持ち上げたい」という。
きっとその時のアナタはキラキラ輝いていたに違いないよ。
ステキだよ…!

あぁ、軽トラを持ち上げる夫は
エキシビションの最後に羽生くんをリフトするオンドレイ ホタレックのようだったかしら。
(時事を挟むいいブログ。何日か前だけど。


そしてある日は仕事中
ウッカリ側溝に軽トラがハマってしまった時に
夫は軽トラを持ち上げーの道路に戻しーの、
普通に運転して帰ってきたそうだよ。
なにそれJAFいらーず。



そしてね。

夫はこの軽トラ持ち上げ期の数年後に
重症筋無力症といういわゆる難病を発症するんだ。
どうだイキナリの展開だろう。ビックリだろう。

詳しいことはわからないけど、
この病気は甲状腺が関係しているらしいんだね。


ちょっと話は逸れるけど、
わが家の白ニャンコ、甲状腺機能亢進症という病気を持ってる。

f:id:clichang:20180228170556j:plain

甲状腺ホルモンが出過ぎて
何もかもがパワフルに働きすぎちゃう。
内蔵の働きも活発すぎてしまう。
食べても食べてもどんどん燃えるから痩せてゆく。
血圧も高くなる。
イライラしやすい。
感情が豊かになりすぎる。
年齢の割にやたらと元気。
今年20歳だけど 調子出てくると家の中を走りまわったりしてるもんね。

元気ならそれはいいことだと思いがちだけど
そうでもなくて、やはりそこは普通の状態に保ってやらねばならないそうなんだよ。
だから白ニャンコは毎日薬を飲んで
甲状腺ホルモンが出過ぎてしまわないように調節をしながら過ごしてる。

というワケでさ、
甲状腺ホルモンが異常をきたすと
ワケもなくパワフルになっちゃう、みたいなとこあるらしいんだね。


また夫の話に戻るけど、
夫は「きっとあの頃(軽トラ持ち上げ期)から 病気の片鱗はあったと思う」と語る。

きっとあの体力の有り余る感じは
若いからというだけではないよ、と。
甲状腺の何かが出過ぎていたとか
過剰に働きすぎたことによるものなんじゃなかろうか、と。

うん、そうだったのかもね。


そして夫は甲状腺の手術を受け、
死んじゃうかもしれなかった難病を克服。
今は元気に暮らしているよ。

でも今はまた別の自己免疫疾患を患っていて
それは飲み薬で緩解させている感じなんだけど
それもやはり、夫の中の何かが暴走したり出過ぎたりして
自分自身を攻撃したりしてるんだろうから
やっぱり体の中で何かが出過ぎているということなのかね、と。
あんまり何かが出過ぎているというのは
よくないんだね、そだねー(カーリング女子(時事 以下略
という話をしていたんだ。


ちなみに夫はもう軽トラは持ち上げていない。
そう。
落ち着いたの。
いろいろ。
年齢的にも。


という、無事でなにより生きててヨカッタ!という話の後だから全然インパクトないんだけど
わたしも何年か前まで月に一日だけ、
やたらとパワー全開になる日があってさ。

というのはいつも生理の直前なんだけど、
きっと多分それはホルモンの関係なんだ。

理由なき万能感が湧いてきてしょうがない日があるんだよ、頭おかしいだろ。

スーパーに買い物に出かけただけなのに
「わたし 何でもできる!どこへでも行ける!」
とかイキナリ高揚してスーパー入る前に
ワケもなくそこらへんをダッシュしたりしてた。
我ながら 傍から見たらあまり関わりあいになりたくない人物み。

で、その万能感溢れる特別な一日以外は
40も手前だと言うのに生理前の胸の張りが10代の頃のようにひどいし、
歯が浮いてくるような変な感覚があって、
調べてみたら女性ホルモン過剰で
歯ぐきからも漏れ出ている状態だったらしいのね。
それは歯槽膿漏や歯肉炎になりやすいから気をつけねばならないみたいなんだけど。


で、1年ちょっと前から
ホルモン剤を飲んで癌治療している今、
そういうワケのわからない過剰な状態はなくなったと思う。

何でもできる!!という万能感は
「今日いつもよりちょっと調子いいな」程度に落ち着いた。
生理前の胸の張りもあまり感じなくなった。
歯ぐきの違和感も そういえば…と思い出す程度に。

つまりわたしもね、女性ホルモンが出過ぎてたんじゃないかと思うの。

わたしの乳腺にできた癌は
ホルモン感受性のある癌だったから、
癌細胞たちにとってもうそれはそれは好条件な居場所だったんじゃないかと思う。
エサである女性ホルモンがピャーピャー湧いてるんだもんね、出過ぎなくらいに。

うむ、やっぱり「出過ぎ」いくない。

何もかも ちょうどいい加減というものがあるんだね。
甲状腺ホルモンも女性ホルモンも
自分の意思ではどうにもならないから
おとなしく治療してくしかないけど。

というようなことを語っていたある日の午後でした。


なんかいろいろ書いたけどわたし、
若い頃の夫が軽トラを持ち上げる姿を
見てみたかったな、と思ったり思わなかったり。

それではねー。
そだねー。(←ただ言いたいだけ

覚えておいででしょうか?

今月のアドベントカレンダー

f:id:clichang:20180208213645j:plain

♡鳥ちゃんたち♡


先月のシールは「ひと月正月気分」とか
「カワイーン過ぎて剥がせない」とか言ってたの
覚えておいででしょうか?

えぇ、えぇ、でもやっぱりね、
「飲んだら剥がす」、コレ大事。
飲んだら乗るな、乗るなら飲むな、
飲酒運転撲滅標語的な感じで。
飲むなら剥がせ、剥がさぬなら飲むな、
違う。飲め。絶対に飲め。
忘れずに飲め。

はい、1月は3回もノルバデックスを飲み忘れました。←

でも、飲み忘れてた!と気づきにくいんだよね。
だってシール貼ったままだから。
二度あることは三度もあった。わはは。
わははじゃねぇ。



今月からはもう飲み忘れるワケにはいかん!ということで
いくらシールがカワイーンからって1日ごとに剥がすことにシマシタヨーダ


「二度あることは三度」で思い出したけど。
実は数日前から夫がインフルエンザにかかっておりまして。

…前回の記事を覚えておいででしょうか?
デジャヴではありませんよ?
そう、そうですね、前回の記事に書いた通り
夫は先月もインフルエンザにかかっているんだよぉぉぉおおお!!
そしたらまーーーたかかっちゃったんだよぉぉぉおおお!!
な゛ん゛でだよ゛ぉぉぉおおおおお!!(←藤原竜也




えー、詳しい内訳を書きますとですね、

⚫12月には大風邪ひいて高熱で寝込み、
⚫1月はインフルエンザB型なのに激症、高熱で寝込み、
⚫今月はインフルエンザA型。一時高熱。

毎月高熱出して寝込んでいる夫。
二度あることは三度あるのね、とか言って。
だから な゛ん゛でだよ゛ぉぉぉおおおおお!!(←藤原


そして夫は人生で初のインフルエンザだったようなんだけど
まさか立て続けにAもBもやるとはね☆彡.。
キャワイソウ

そんなワケでこないだも夫を病院に連れてったり
病人用の買い物をしたりとバタバタしていたら、
まんまとその日わたしはノルバデックス飲み忘れてた。わはは。
わははじゃねぇ。
ほんと気をつけよ。。。


でも。
こんな密室でインフルエンザ患者と毎日24時間一緒に過ごすなんて
絶対うつると覚悟してたけどわたし未だチョー元気☆彡.。
ヨカッター!!健康一番!!

夫も早くよくなって!!
ラブだよ!!ラブ!!

プラセボかなとか思ってた

先月の話だけど。

正月過ぎて1週間もしたら、
夫がインフルエンザになりまして。

イナビルという吸入型のインフルエンザ専用薬をもらってきたの。

f:id:clichang:20180204231748j:plain

インフルエンザのときは注射と飲み薬だと思ってたんだけど
近ごろはこんな吸入型もあるんだね。

ところがこの中に入ってる粉薬、
臭いや味があるわけでもないそうで
ほんとにちゃんと吸入できたのか?よくわからないんだよね。

吸入したと強く思いこんで
プラセボでも効けばいいんだけど。
(せっかく出してもらったいい薬をプラセボ効果と片づけようとするわたし失礼


そしてイナビルが効いたのでしょう
夫は徐々によくなり、インフルエンザ騒動はめでたし一件落着したんだ。
健康て素晴らしいね。


そしてあれは夫のインフルエンザが治って1週間たった頃かな。
東京には大雪が降った。

f:id:clichang:20180204231943j:plain

f:id:clichang:20180204231959j:plain

雪が降るほどの低気圧のせいなのか
はたまた寒さのせいなのか
今度は白いニャンコが…!!

歩いてたら突然アンヨの関節がグキッとなったっぽくて
激しく痛がり叫ぶわ逃げるわであら大変!という事態に。

表はモッサモッサ雪が降ってるから動物病院にもつれてゆけず。

動物のお医者さんであるお友だち:うりこさんに連絡をとって
いろいろアドバイスをもらった。
こういう困ったとき、ほんとによく助けてくれる。
あらためましてありがとう、ほんとうにありがとう!


結局ニャンコは、この日の夜はチョー寒いのに
台所の隅っことか
脱衣所の珪藻土マットの上とか
玄関のたたきとか
修行でもしてんのかな?と思うような
冷え冷えのところで痛い痛いと時々唸りながらメソメソ過ごしていた。
「関節はきっと冷えると尚よくないよ。」
と説明してもそこはニャンコ。
あんまり理解してもらえず痛みでウオーン!!とか言ってるだけだった。

翌朝起きたとき、やっとたどり着いたと思われるネコ用トイレの中で小さくうずくまってた。
チッコしたままへたりこんだんだろうな。
不憫よのぅ。

その隣りで いつも通りチッコをして去ってゆくシマシマニャンコ。

f:id:clichang:20180204232037j:plain

なんというマイペース。



このままではかわいそうだから白ニャンコが篭もれるような部屋を作った。
その名も「ダンボール箱ICU」…!!

ジャジャーン

f:id:clichang:20180204232100j:plain

…貧乏くさい?

でも。
天井もあくから介助がしやすいんだよ☆彡.。キラリ

本人も気に入ったようで大人しく入っている。

f:id:clichang:20180204232133j:plain

ペカー


いつもは少食でムラ食いのこのコなのに、
このICUに篭っている間はゴハンをいつもの3倍くらい食べてたんだよな。
ンーコもいつもの3倍出てた。
痛いからストレスたまって→ヤケ食いしてたんだと思う。
「入院中の楽しみなんて食うことしかない」
という患者のアレ。

f:id:clichang:20180204232238j:plain


そういえば…
一昨年 乳がん手術のために入院したとき
隣のベッドのおばあちゃんが
食べちゃいけないと言われてるミカンを食べたいと懇願するんだけどやっぱりダメで
結局看護師さんにミカンを没収されてたっけな
と思い出し遠い目をしながらわたしはニャンコの介助をした。

あのおばあちゃんはお元気になったろうか。
…きっとお元気だな。
今ごろ心置き無く大好きなミカンを食べてるだろうさ。


そして。
ニャンコ用の痛み止めを持っていたんで
ICUにいるニャンコの口をこじ開けてポイッと飲ませたんだ。

薬、効くといいな。

そしたら。
しばらくしてニャンコがひょっこり自力で出てきた!

f:id:clichang:20180204232305p:plain

ほぼ普段通りの感じで歩いてる。
いや~ あの薬がよく効いたんだな~
ヨカッタ、ヨカッタ!(*´ω`*)

じゃあね。さてさて。
白ニャンコが外に出てる間にICUの中を整えとこうかな、と毛布をなおしていたら、
さっき飲ませたハズの薬が。。。
ペッと吐き出されてそこに転がってた。

…アイツ…飲んだフリして
わたしが去ったあと吐き出したな…!!

いやそれともナニか?
自分でも何か薬飲まされた!
と思ったけど口の端からこぼれて…

アレか?プラセボか?
どうなの白いニャンコよ。

でもまぁいいの、痛くないならそれで。
念のため落ちてた薬はもう1度
今度はキッチリ飲ませたけど。



…などという出来事がね。
こないだあったワケだよ。(長い

今やニャンコは痛みをコントロールするサプリメントを飲んだり
自分でもきっと動きを加減したりして
ほぼ元通りに過ごしているよ。
今朝は縦横無尽に家の中を走り回ってた。
ほんとうにヨカッタ。


そして。
わたしはと言うと。
いたって元気。

ただね、去年の夏からつづけていた
クオールというサプリメント

f:id:clichang:20180204232343j:plain

目眩もだいぶ落ちついたし
なんかいつの間にかヌル~とやめちゃってたんだ。

で、そういえばひと月は飲んでないなと思い出した。
「そういえば」などと思い出した理由は
また目眩がちょっと復活した日が続いたから。
Oh no…

久しぶりに目が回ったよ。
イヤな感じ。
目眩なんて。


もしかしてやっぱりエクオール
効いていたんじゃないかな。と思えてきた。
プラセボかなとか思ってた時期もあったけど。
やっぱりやっぱり ちゃんと効いてたのかも。
ごめんなさいいつもプラセボかなとか
なんかあんまり信じてないみたいな感じで。

また心を新たにしてわたし
クオールを飲み始めたよ。
そしたら目眩はだいぶ落ちついた。
継続は力なり、なんだね。なにごともね。

ホルモン治療やってる間は
クオールはちゃんとつづけよう。
決して安くはないんだけど。
そうなの、安くはないんだ。

でも、毎日を元気に過ごすためと割り切って。


というワケでインフルエンザの大流行や
寒さによるギックリなど
あ、あとも少ししたら花粉も始まるって
みなさんも気をつけてお過ごしくださいねー( ´ω` )/

またねー

正月アドベント

今月のアドベントカレンダー

f:id:clichang:20180116204929j:plain

ひと月ずっと正月気分。えへへ。
正月大好きヾ(*´∀`*)ノキャッホウ!

いや~ めでてぇ めでてぇ(頭


この正月シールがカワイーン過ぎて剥がしたくなくてね、
薬飲んでもずっと貼りっぱなしにしてある。
飲み忘れ防止のためにはシールは1日ごとにはがした方がいいんだけど。

でもだって。
お雑煮とか。
このお重に入ったお節とか。
獅子舞とか。
なんだこの…
この…

カワイーン!!カワイーン!!(半狂乱


まぁでも さすがに
2月になったら一斉に剥がして
紙のカレンダーにペタペタ貼り直そうと…
思っていないこともないよ。(迷いの残る言い回し

でもだから。それまでは。
正月気分でいさせて♡(o-∀-o)♡