読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにある。

2016年夏。乳癌になっちゃったよわたし。

QOL

こないだの土曜日のこと。
楽しい週末\( ˆoˆ )/\( ˆoˆ )/わーいわーい

3月中旬に地元でイベントがあるんだけど、
そこに出演しませんかと
少し前に声をかけてもらった。
わてら夫婦と、キクチくんとゆんちゃん。
4人のバンド。

去年の夏にもアオキくんに誘ってもらって
同じメンバーで同じイベントに参加したんだけど。
あの頃は ちょうど胸にしこりを発見してしまった時で
検査するのしないの、良性だろいや悪性かも、
という宙ぶらりん状態のモンモンとした日々を
過ごしていた頃だったっけね。

その頃から夫はモチロンのこと、
キクチくんとゆんちゃんには心配をかけてしまっていたよ。

今や癌の塊は取り除かれて、
全身対象の補助療法:ホルモン治療と
局所治療:放射線治療をしているワケだけど、
実際のところまだ癌が癌だと判明してなかった
あの頃の方が今より元気だったと思う。
今は薬の副作用でグダグダだもんな。

こんな目眩があったり吐き気がしたり。
フワフワ浮いてるみたいな感じで
ほんとにライブできるのん?
みんなに迷惑かけちゃうかもしれないし、
今回はやめといた方が…とも思ったんだけど。
このバンドで演奏するのが楽しくてしょうがないので
ミソッカスでいいから今回もやらせてくれー!
とお願いして参加させてもらうことにした。

そんなこんなで、今日もいろいろみんなに
気づかってもらいながらだけどリハやってきたよ。

長丁場でちょっと心配だったけど
楽しいことは時間が過ぎるのが早いね。
あっという間だったよ。
たくさん笑ってなんか元気出てきちゃったな!
みんなありがとう!



そしてリハ後には
ミーティングを兼ねてコメダでゴハン。

ほんとはカツサンドとか唐揚げとか食べたかったけど
油ものはまだダメっぽいから
なるべくあっさりしたものを選んでみたよ。

f:id:clichang:20170209145838j:plain

…にしてもトースト。そしてこの量。
他は揚げ物のバーガーとかだから
コレでもメニューの中では比較的あっさり系。

気をつけねば帰りの車の中でチョロリゲロしそうだから
慎重にたっぷり時間をかけて。
よく噛んで食べた。
吐き気止めも飲んだ。

夫がデザートに注文していた
クロノワールもちょこっと食べさせてもったよ。

f:id:clichang:20170209145900j:plain

コメダサイコー。


「楽しかったな~」と「おいしかったな~」という余韻は、活力になるね。
来週からの通院も頑張ろうという気持ちになるもの。
自分で病気になってみて、
いろいろ節制しなくちゃいけないことも増えて痛感したよ。

腎不全のしましまニャンコに、
これまで食べ放題だった大好きなゴハンを
ずいぶん長いことガマンさせてしまって
かわいそうだったな。。。と。

f:id:clichang:20170209145930j:plain

白いのが食べてるゴハン、
目の色変えてボクも!ボクも!と食べようとしてたもんな。
それを、とことんガマンさせてた。

f:id:clichang:20170209145944j:plain

体のためにはなってたかもしれないけど
心は満たされてなかったね。
なんだかちょっと、つまらなかったろうね。

今では夫と話し合い、
大好きなゴハンは(薬を入れるけど)
毎日食べさせてあげようと決めた。
おかげで以前より機嫌もよさそうだし
体重がちょっぴり増えてきたよ。

f:id:clichang:20170209150006j:plain

なんか趣味とニャンコの日記になっちゃったけど。
QOL(Quality of life 生活の質)のこと書きたかった。

いい終末だったなー!
ライブもリハも楽しみだヽ(・∀・)ノ
早くすっかり元気になりたい!
いや、なろう!

放射線治療3週目(2)ヘロヘロ

放射線治療 14回目

ジョボビッチ先生は初めてあった時
放射線照射による車酔いのような反応は
5回目くらいまでで
それ以降は治まってしまうって教えてくれたんだけど、
わたし 治療が終わった後は
毎回夜になるまで気持ちが悪いよ。
それが強いか弱いか、というだけ。

なんでかな?とか考えるのはよそう。
だってわかんないし。
先生だってきっと一般論というか
これまでの経験者が語ることを教えてくれたのでしょう。
きっと たまには毎回そうなる人もいる。
そういうことにしておこう。


そして今、こんなことを書いているくらいだから
今日は車酔い反応が強いのでアール。トホホ。




15回目

昨日と今日、連日で帰りの電車には座れなかった。

月曜から通いはじめて平日1週間。
木曜あたりから徐々に
体力が削がれてヘロヘロになるよ。
往復4時間だもんね。
せめて電車では座れたらいいのに。
その日その後の体調がだいぶ違うんだもの。
翌日にまで響く。

今日は家についたらグッタリしちゃったよ。

6週間の治療予定。
今日でようやく半分が終わった。

毎日毎日みんななんであんなに
元気に通って来られるんだろう?
と不思議なんだ。

放射線治療開始が同じ時期だった、
80をすぎたおばあちゃんの方が顔つやいいくらいだよ。
わたしは日々疲れてゆく。
週を追うごとに老けてゆく。

目が落ちくぼみ頬がこけているんだよ。
…しかし丸顔なのに頬がこけるってどういう了見なのかね???
強く掴んだ大福みたいだよ。
いや、大福ならまだいいよ色白だもん。
わたしの肌はくすんでいる。
なんか今までより茶色い気がする。
そして色のない唇。
パッチリ開かない目。

コリャひどい。
ゾンビみたいだ。
ジョボビッチ先生にあったら二丁銃で撃たれるよ。

f:id:clichang:20170207182949j:plain

せめて色つけとかなくちゃ。
頬紅グリグリ。
口紅もヌリヌリ。

・・・・・・。

うん。
血色のよいゾンビに昇格。
もういいやコレで。



夕方、夫が帰るやいなや
「コレ」と渡してきたもの。
会社の同僚 モリヤくんが出先で
身体健固のお守りを買ってきてくれたって。

f:id:clichang:20170207183009j:plain

カワイイ!

お守りを持った写真を夫に撮ってもらって
「受けとったよ ありがとう!元気になるよ!」
とモリヤくんにメッセージと共に写真も送ったんだけど、
それは見事なゾンビだったね。

ニャンコたちとも一緒に写ろうと思って
床に腹ばいだったから尚更
「今 墓から這い出してきました☆彡.。」って感じの。

モリヤくんもきっと
「お守り贈った甲斐があった」
と思ってくれたかもね。

モリヤくんありがとう!

放射線治療3週目(前半) メモ

11回目

病院着いたらすぐに看護師さんが
「ミノンどうでした?」って訊きにきてくれた。

うん、大丈夫でした。
でもやっぱり食後まもなくの入浴は
これからもやめときます。
あと、お粥生活ももう少し続けます。

放射線科は毎日の通院だし、
その分看護師さんや技師さんとも
会って挨拶する機会が多いから、
ほかの科よりも身近な感じがするよ。
みんな親切。
(親切さは他の科もそうだけど)

若い技師さんたちがテキパキと声を掛け合い
機械を操作して尚且つ
わたしが起き上がりやすいように、とか
なるべく胸や肌を見ないように、とかの
配慮までしてくれているのを見ていてさ、
わたしは今すごくボンヤリしているなと痛感する。
イキナリ年寄りになっちゃったみたいな感覚さえする。

頭も体もフワフワしてて
ゆっくり動かないと
酔っ払ってるみたいで危険だし、
ホルモン剤を飲み始めてから
細かい作業が苦手になってしまった。
焦点が合いにくいし目が回る。
考えもまとまりにくいし、
今何しようとしてたっけ?の連続をし過ぎて
なかなかやろうと思うことが片付かない。
仕事も近ごろ集中してできてない。
神経伝達が鈍いのかなんなのか
笑った顔がなかなか元に戻らない気がする。
一度わははと笑うと笑いっぱなしの顔になってる。
幸せこっちゃね、わたし。


そしてそういう、
薄ノロな今の自分と真逆のところにいる
この若い働き者の技師さんたちを見ていて
どうか皆さん健康でいてくださいと心から祈っちゃう。

そしてみんなキレイな人でさ。
印合わせの時にほんと、こんな。こーんな。
近いところに顔があったりして。
そんな時は女のわたしでも
ハッとするしグッとくる。(田原の俊ちゃんかな



12回目

運行時間の関係で、これまで駅→病院は徒歩。
帰りだけシャトルバスに乗っていた。

駅まで徒歩20分くらいあるから
治療後はできればシャトルバスに乗りたいんだけど、
乗ればなぜか毎回、
同乗のお年寄りのシートベルトの手伝いとか
乗り降りの補助までやるハメになる。
ヒドい時はガバチョとすがりつかれたこともある。
あと目の前でヘニャヘニャと倒れ込んで
「あらあらあら 立てないわ(チラッ チラッ」
とかやられたら無視もできない。

もうほんとなんでなのかな。
わたし充分に中年だけど、
バスの中じゃ若い方だから自然と頼られるんだろうかね。

でも自分のことで精一杯な今は
そういうのなかなかしんどい。
ちゃんと家までたどり着くことを目標に
毎日やってんだわたしもさ。

そして今の時季、シャトルバス内の空気が悪すぎる。
マスクなしに咳こんでる人までいる。
疲れたからってバスに乗って帰る方が
病気になりそうだ…と思い始めた。
新鮮な空気を吸いながら
のんびり歩いて帰った方がいいかもしれない。

f:id:clichang:20170206001017j:plain

もうやめたやめた!
今日からシャトルバスには乗らないぞ。
行きも帰りも歩くんだ!
歩こう~♪歩こう~♪わたしは~元気~♪

元気ジャネェヨ(-ω-)



13回目

今日から2月。
何て早いのかな。

N先生の診察の日。

食事内容を見直してから
吐き気がだいぶ治まったことを報告。
出していただいた胃薬もきっと良かったと思います。

「それを聞いて安心しました!
あ~ヨカッタ!」
とか言うN先生。

先生だって薬出して終わりでなくて
その後どうしたかな、よくなったかな、と
気になったりするのだろうね。
あ~ヨカッタ!なんて
患者の前で言ってくれるお医者さんてなんかいいね。

そして照射部はまだヒリヒリしたり
しないですよね?って言われて
チクチクはしてます と応えると、

チクチクは、多分手術で断絶された神経が復活してきている証拠だって。
ほうほう。そうですか。
エラいぞわたしの体。
治ろうとしてるだなんて
なかなか健気なとこあるじゃないか。

神経が1cm伸びるには10年かかると言われているとか。
だから、チクチクは一生モノのおつきあいになると思いますよ、て。

チクチク以外には
ムズムズ虫が這ってるような感じとか
つつつ~っと水が流れてるみたいな感じとか。
いろんな感覚がこれから起こってくるだろうから
どうぞお楽しみに!とか
来週のサザエさんは~?的なこと言ってた。

そしてそういう変な感覚は、
雨の日(多分気圧の関係かな)に起こりやすいみたいです。
でも患部に手を当てておくと治まりやすいですよと教えてくれた。

そういう、医学的根拠のない、
こうやるとなぜだか治まる、みたいなことを
教えてくれるのもまた N先生の好きなところだよ。

手当て、って言うもんね。
手のひらからは、気が出ているというもんね。

ミラ・ジョボビッチを一般人化したような
たくましく美しい先生です。
N先生、とかМ先生とか、A先生とか。
わかりにくいからN先生のことは
今後ここではジョボビッチ先生と書くことにしよう。


そしてジョボビッチ先生に
吐き気がよくなってきた、と報告したばかりなのに
家に帰ったら油断して、
晩ごはんの後 揚げたお煎餅ボリボリ食べちゃったんだ。
そしたらたちまち気持ち悪くなっちゃった。

それにしても油っこいものを食べちゃったことを
「油断」と書くとはコレいかに。
皮肉なものよのう。

そしてやっぱり、ちゃんとよくなるまでは
こういうことしちゃいけないんだな。
反省・反省!
(・ω<) テヘペロ☆彡.。(反省の色なし

優しい食生活

前回のブログを更新してすぐに、
お友達のうりこさんからLINEをもらった。

「食事内容を変更すべし」

うりこさんは、動物のお医者さん
わたしの家族:ワンコやニャンコの病気をケアしてくれ、
最期を一緒に看取ってくれた大事な人。
とても優しくて頼りになるお姉さん。

動物のお医者さんだけど、
ヒト科のわたしの体のこともよくわかっててくれる。


先週はわたし目眩と吐き気が強くて
このまま行ったらどうなっちゃうんだろうかね?と思ってたけど

ブログを読んですぐにメッセージをくれた
うりこさんからのアドバイスは、以下の通り。
__________

クリコちゃんは元々胃腸がウィークポイントだから
薬や放射線の副作用の吐き気が
特に強く出てるんだと思うよ。
もっと胃を労うようにしよう。

晩ごはんの後特にきついのは、
お昼と晩ごはんの間が開きすぎて
更に量も多く食べてるから。

難しいかもしれないけど
晩ごはんの半量をおむすびにして
途中で食べるといいと思う。
でも大人が外でおむすび食べられるとこってなかなか無いよね…。
でも、できればやってみて。

あとは晩ごはんの内容。

【避けた方がいいもの】
×生もの
×冷たいもの
×過剰な水分
×油っこいもの
×多量の甘いもの
×多量の発酵食品
×食物繊維の多いもの
×その他消化の悪いもの

そして出来れば、
○米はお粥にする
始めのうちは夜はお粥オンリー。
調子のいい朝や昼にオカズをつける。
調子があがってきたら、
○やわらかく煮たお野菜
だんだんと
○豆腐や卵豆腐などの優しそうなタンパク質

○白身魚やゆでた肉
と、ハードルを上げていく

しばらくは油は控えてね。

__________

ナルホドですねー!!φ(゚▽゚*)メモメモ

そうなんだよ~。
病院での治療が午後の早い時間帯だから
お昼ごはんは10:30に食べて病院へ向かう。
治療を終えて帰宅したあと
夫の帰宅を待って夜7時くらいに夕ごはん。

ごはんとごはんの間隔、
9時間近く空いてるんだね。

そして薬で胃がやられてたりするのに
これまでと何も食事内容を変えてこなかった。

これまでと同じにしないと
これまでと同じ元気は出てこないと
わたし思ってたんだな。

どっか弱ってるなら
労わってやらなくちゃいけない
という頭が全くなかったよ。

毎日晩ごはんの写真を撮っておく
という夫の趣味(なんという恐ろしい趣味か…!)で
幸か不幸か ここ最近の晩ごはん写真が残っていた。
省みて善処しよう。

f:id:clichang:20170131232310j:plain

今思えば、胃を壊して連日チョロリゲロっている人間の
食べていいとは思えない重量感ある食事内容の数々。

f:id:clichang:20170131232335j:plain

ハンバーグひとり2個ずつ。
避けた方がいいもの、
とされているものがてんこ盛り。

f:id:clichang:20170131232408j:plain

デザートにしれ~っと
バナナマフィンや甘納豆まで置いてある。
だってだって病院帰りの商店街で売ってたの。
おいしそうで買ってきちゃったのだよね。


夫が作ってくれたカレーには
ナゼか味噌汁がつきます。

f:id:clichang:20170131232429j:plain

この後バームクーヘンとか食べてたっけ。
カレーも大鍋にいっぱい作ってくれたんで、
3日間カレーフェスin自宅がつづいたんだ。

…これではいかんよね。
確かにね。
変えるべし!!
変えるべし!!


…でもね。
最初はお粥だけと言われていたけど
どうしてもそれは寂しくて。

絶対夜中に腹減った…って起き出して
冷蔵庫開けたり閉めたりするゾンビみたいになるの見え見えだったから
色々用意しちゃった。

夫にも 優しいメニューを付き合ってもらうよ。

初日。

f:id:clichang:20170131232708j:plain

よく茹でたうどんと、湯豆腐。
ポン酢やだし汁でいただきます。
置いてあるけど漬物は食べない。
胃に負担くるからね。
夫用です。

この日のメニューがほんとうにおいしくて
「あ~ わたしこんなごはんが食べたかったんだ」
と思った。
あっさり・さっぱり。
やわらか・あったか。

そしてこの晩の
食後の目眩は廃人になるほどではなくて
少し座って休んでいれば問題ない程度。
しかも吐き気があまりない。

そうだったのか~
そうだったのね~

それからも胃に優しいメニューは続いてる。
夫には普通に炊いた米のご飯。
わたしはお粥に。

f:id:clichang:20170131232751j:plain

野菜は圧力鍋で柔らかく煮込んじゃう。
味付けも薄めで。

そして食後には
お互いの持病薬をプチプチ出して飲む夫婦。
実に年寄りっぽい。

f:id:clichang:20170131232832j:plain




そして。
また月曜日から
3週目の放射線治療へ通っているよ。

うりこさんがアドバイスしてくれたおにぎりの件だけど。
やはり都内の街中でおにぎりをかじる
タイミングと勇気がなかなかない。

そこでわたし考えた。
タイガーの魔法瓶に。
お粥を入れて。
持ち歩けばいいじゃん☆彡.。

街を歩きながらおもむろに蓋を開け
この小さな魔法瓶を煽っていても
周りの人々は「マイボトルでコーヒーか」くらいにしか思うまい。
このスタイリッシュな一連の所作で
まさかわたしがホカホカのお粥を食べているとは誰も思うまいて。
しめしめ。

でも底の方に溜まったお粥がなかなか出てこない
というちょっとした困りごとが
お粥持ち歩きの初日にあったため、
2日目からはタピオカ用のストローも
一緒に持ち歩くことに決めたんだ☆彡.。

f:id:clichang:20170131233524j:plain

これで吸えばいいのです、
コーヒーでもなく、
タピオカミルクティーでもなく、
お粥を。

ところで今も魔法瓶て言うのかな?
サーモなんちゃら?
サーモ水筒…
サーモ…
サーモ…

いいやもう別に。

このようにして
胃に優しい食生活を数日送り、
吐き気がだいぶ改善してきたんだ!

目眩は相変わらずあるけど、
吐き気の強かった時みたいに
クルクル回るほどではなく。
フワフワしたり、ゆらりと揺れたりするような軽い目眩。
元々あったホルモン剤の副作用のみって感じだね。
これなら許容範囲だ。

ほんとうにヨカッタよー!
だいぶ体が 生活が 楽になるよ!

うりこさん ありがとうヾ(●´∇`●)ノ

放射線治療2週目メモ・吐き気と目眩

2017年1月23-27日 放射線治療

6回目
2週目が始まった。
淡々とこなしてゆこう。
風が強くて寒い日。

7回目
朝起きた時から目眩が強い。
脳みそがブワブワ膨れてるみたいな感じ。
脳みそ、メロンパンにすり替わってるかもしれない。

フワフワ歪んだ地面を歩いてるみたい。
いよいよメロンパンワールドか。
足元を確かめ確かめ病院に行ってきた。

商店街で買ったメロンパン
f:id:clichang:20170128000451j:plain
バッグの中でペチャンコに潰しちゃったよ。

帰って晩ご飯を食べた後、
いつにも増して気持ち悪くなっちゃったから
今夜はサッサと寝ちゃおうと思った。
でもその前に風呂だけはいる律儀なわたし。

ミノンをポンプから出して泡立ててたら
ニオイにムカムカしてきて
とうとうチョロリゲロしてしまった。

なんちゅーニオイなんだミノン。
どうしても好きになれない。
(個人的な感想です。)
洗い心地は抜群にいいのにどうして君はそうなの。


でもミノンのせいばかりではなく
わたし自身もよくなかったと思う。
多分この日くらいの吐き気だったら
普通の人はご飯食べないだろうと思う。
食べられないというか。

でもわたしは食べちゃう。
食べられないなんてこの先なにも続かない。
と思うと意地でも。
それに食べようとすれば食べられる。
お腹だってすいている。

ただ。
ただ。
食べた後は目が回っちゃうんだよー。
ホルモン剤を飲んだあとは更に。
「いつもより余計に回しておりますー」と。
ちっともおめでとうございません。

そこにミノンが追い打ちをかけてきたわけで。
チョロリゲロの風呂から上がったら
まだ7時だったけどそのまま倒れるように寝た。
翌朝6時まで11時間ぶっ続けで寝た。

体のこととは全然関係ないけど
この日稀勢の里が19年ぶりとなる
日本人の横綱昇進をしたようです。
おめでとう!!
(時々時事ネタも挟むいいブログ。
ちなみにこのちょっと前にはオバマ政権からトランプ政権に。どうなるアメリカ!どうなる日本!)


8回目

放射線のM先生が病棟の外を移動していた。
白衣と手に持ってる書類が
強い風に吹かれてピラピラ
飛ばされないように気をつけながら
小走りしてるH先生はかわいかった。

治療前に別の病院から来ているというN先生の診察。
細かいことまでよく話を聞いてくれる、とてもいい先生。
女の先生です。

昨日はニオイに誘発されてちょっぴり吐いたことを話したら、
吐き気止めを出してくれた。

「一番弱い薬ですけど
お守りとして持ってたらいいかも」

今わたしなんでこんななっちゃってるんでしょう?
と訊いたら、
放射線の車酔いのような副作用は
照射し始めてすぐに出て、
5回目くらいからは自然と治まってくるものだから
2週目でこんなに気分がよくないのは
ホルモン剤の影響じゃないかと思うってさ。
あと、疲れている時も 調子の悪さが目立ってくるって。

そういえばこないだ
一日中体使う仕事に行ってきて
ちょっと疲れてたんだよな。

そして、ホルモン剤で吐き気のある人は
みんな数ヶ月もすると
「そう言えばそんなこともありましたね」
というくらいにいつの間にか治まってるって教えてくれた。
それはいいニュース。

K病院で会った3人の先生がみーんなそう言っている。
きっとわたしの吐き気もいつかは消えるんだろうな。
それまで吐き気止めでやり過ごせばいいんだ。

家に帰ってご飯前に吐き気止めを飲んでみたら
食後はさほど目は回らず。
コレなら今日は大丈夫かも。
吐き気止めが効いたかも。と思ったのに
ホルモン剤飲んだら間もなくクルクル回りだした。

ワーヤメテー クルクルクルクル
‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/››‹‹\( ´ω`)/››
(イメージ図)


そしてまたしても
ミノンの臭いでチョロリゲロ。
またお前なの。ミノン。


9回目
治療前に必ず体調変化をメモして
受付に提出しなくちゃならないんだけど
「昨夜 少し吐きました(ニコちゃんマーク)」
て書いて提出しておいた。

治療が済んで帰る時、
廊下で看護師さんに呼び止められたよ。

「昨日も吐いたと書いてありましたけど…」

せっかく出していただいた吐き気止めを
軽々超えてくるミノンの破壊力を説明したら

「今夜はボディソープなしで
お湯で流すだけにしてみたらどうでしょう」て。
ほんと、ごもっともです。
ミノンやめようかな。
合わないのかもわたしには。
ニオイが。

あと、早く寝たいだろうけれど
食後もう少し時間を置いてから
お風呂にはいるようにしてみたらどうか、と。
(食べて一時間くらいで入ってた)

食後ホルモン剤を飲んだら
起きていられないくらいクルクル回るから
早目に風呂に入ってサッサと寝てしまいたいんだけど、
風呂に入るタイミングを変えてみるとか
(例えば朝入るとか)
いろいろ工夫した方がいいかもしれないですね。

「あまりにも気持ち悪いようでしたら
お薬を変えることも相談した方がいいと思うので
ガマンしすぎないようにしてくださいね」
て。
ありがとうございます。

この日は晩ごはんを食べ終えて、
間もなくクルクル視界が回ってきて、
吸い込まれるみたいに3時間も寝ちゃったんだ。
考えたら食前に吐き気止めを飲んでない。
相当ボーッとしてたな。

おまけに食後のホルモン剤も飲み忘れていて、
起きてからあわてて飲んだ。
でも全てのタイミングがズレたことで、
図らずも今日は吐かずに済んだ。
風呂も明日にしよう。

ミノン。。。
使うかどうかは明日の調子で決めよう。

あと、朝ごはんと昼ごはんの後は
多少目眩が強まるくらいだけど、
夜が一番ヒドいのは、
やっぱりN先生が言ってたように
一日の疲れが関係しているのかもしれないね。


10回目

朝風呂。
今朝はミノン使っても大丈夫だった。

「治療中に動かない」というのもだいぶ慣れてきた。
タコとか鯉とか思わない方がいい。
浜辺に作られた人型の砂の作品になったつもりでいたらいい。
ほんとミッチリ動かずにいられるから。

帰宅。
めまいもそんなに酷くないから
吐き気止めは飲まずにご飯。
でも。でも。
食べ終えるとクルクル回って何もできなくなるの、
「食後廃人」て呼ぶことにしよう。

今夜もすべからく食後廃人になって2時間眠った。
ホルモン剤は起きてから飲んだ。
ほんとは食後に飲むものなんだけど。
吐きそうになるから今はコレでいいや。
でもいつまでもコレではいかんな。
まぁ おいおい考えます。

明日と明後日は治療もお休み。
よく、よく、休もう。

くりこさんとの再会

こないだの日曜日、
職場のくりこさん(同名の人)に会った。

実はこの10日ほど前に
乳癌の手術を受けてきたばかりのくりこさん。

大まかに経緯を説明すると。

健康診断のマンモで引っかかってしまったと相談されるも
精密検査に行くのを怖がってらして、
ほっておいてもロクなことにならないから
1日も早く病院へ行ってくださいと説得し、
病院で精密検査してみたらやはり癌。
んで、手術をしてきたという。

そしてこないだの日曜日は
わたし(クリコ)が出勤する日だから、
この日を仕事復帰と決めていたというくりこさん。

くりこさん、向こうの方から
チャキチャキ歩いてやってきた。
すごい笑ってた。

くりこさーん!
大丈夫ですかー!
お元気そう!
お元気なんですよね?

「そりゃもう!」っていう。

病院では見ず知らずのお婆ちゃんの
お手伝いまでしてしまったし、
術後のリハビリは張り切りすぎて
ちょっとリンパ浮腫出ちゃったのよ、て。

えぇ!Σ(゚д゚;)

足が訛ったら仕事できない!と思って
病院の階段を何往復もしててね、
動きすぎて心配で、逆に退院させられないと
病棟の看護師さんたちの間で噂になったほどだったのよー。


スゲーわ、くりこさん。
さすがだわ…!

そして仕事復帰をしたこの日、
くりこさんは会社の人に
海外旅行にでも行ってたと思われていて
どこ行ったの?って訊かれたわ。て。
入院してたのよ、手術してきたの、って言っても信じないのよ、
笑っちゃうでしょー?!

ってケラケラ笑う。


「あの時クリコさんに相談して
ほんとうによかったわ」
ってまた言ってくれた。

今こんなにお元気そうな姿と笑顔を見せに来てくれて
わたしの方こそ嬉しくて泣いちゃったよ。


それでも術後2週間も経ってないから、
やはりまだご不便もあることでしょう。
でも普段からチャチャ!っと動いてしまう人だから
この日も重たいものも平気で運ぼうとするし、
そのたびに
「わー!くりこさん!
ご自愛ください!ご自愛ください!」
とか言いながら追いかけた。

この日のわたしはわたしで
薬の副作用でだいぶ視界もクルクル回ってたんで
「クリコさんもムリしないで座って。」
と椅子をすすめてくださったり。

まさしく支えあいの2人のくりこたち。
時々ヨボヨボしてたりチャキチャキしてたり。

「こんなに周りから大丈夫か、
ムリするな、と言われるの、 人生で初めてだわね。
きっとこの先はもう死ぬまでないわ。」
と くりこさん。

うん、わたしもそう思います。
今めっちゃチヤホヤされとりますよわたしも。
ありがたいことですね。
でもアイツは心配ないな、だってクリコだもん
って、前みたいに言われてる方がいいですね。

早く元気になりましょうねー!
ねー!\( ˆoˆ )/\( ˆoˆ )/

という感じでさ。
くりこさんと再会できました。

そしてまた、アイスクリーム。

f:id:clichang:20170126224226j:plain

ご馳走になっちゃった♡

ほんとうに いい日曜日だったな。
くりこさん これからもご自愛ください。

放射線治療1週目メモ

放射線治療

2日目。
照射後、おっぱいの先の方。
センチネルリンパ節生検で色素を入れるために
針を刺したと思われる所がギュンとした。

やっぱり放射線で何らかのダメージは受けてるのかね。


3日目。
せっかくミリ単位の調節をしてくれたのに、
CT撮影の時にウッカリ眠りかけて
足がビクッと動いてしまった。

そしたら技師さん2人とも戻ってきて
「印動いちゃったんでもう1度やり直しますね」て。
うぉー せっかく合わせてくれたのにスミマセン。。。

二度手間だわ、時間かかるわ、
体勢キープが余計にキツくなるわで大変だったよ。

キッチリ合わせてくれて、じゃCT始めまーすって時
ふぅ やれやれってホッとして、
鼻とか痒いところカキカキしそうになるけど
それやったらまた始めからになっちゃう。

何もしてなくていいんだけど、
それがほんとに息と瞬き以外の何もしない。
それって案外緊張するし難しい。
ほんと気をつけないと。


そしてこの、3日目から
照射直後の目眩が増してきた。
こんにちは~ってやって来た時が40歳なら
どうもありがとうございました~って
帰ってゆく時の顔は50歳くらいになってて
自分でもドン引き。

この目眩と吐き気増し増しは、
さっきまで横になっていて
血圧が変動したことによるものなのか
放射線の副作用なのか
ノルバデックスの副作用なのか
はたまた通院による疲れが出てきたものなのか。
思い当たる節が多過ぎてわからない。

帰りの電車がちょっとしんどかった。

家に帰ってゴハン食べて風呂はいって
9時まで起きていられない。
8時を過ぎたらもう寝ちゃう。


4日目。
照射部の皮膚が少し突っ張ってきた。

昨日と同じ。帰りの目眩が増す。
もともと軽い目眩だから
歩けなくなるほどじゃないけど目が回る。
気持ち悪い。

電車の座席、目の前がやっとこ空いて
ヨッシャー座れる!と思ったら、
隣にいたお婆ちゃんがスイッと割り込んできて
「すいませんねぇ」と言いながら横取りされた。
NO。。。
相手がお婆ちゃんだっただけに
「そこは今わたしが座ろうとしていました」とも言えず。
しんどいわ、悔しいわで、
お婆ちゃんのこと上から睨んでる自分に気づいて
あ、わたしこのままじゃいけない。と思った。


5日目。

放射線治療は、あぁ…眠っちゃいそう。。。
と思うと治療が終わる。

この 眠っちゃいそう。。。というタイミングで
足がビクッと動いちゃったりするんで
気をつけないといけないんだけど
眠くて眠くて仕方がないんだよね。

目眩と吐き気も相変わらず。
行き帰りの電車で立ちっぱなしは流石にキビしくて
昨日も結局最寄り駅近くまで立ちっぱなしだったから
病院の受付でヘルプマークをもらえないかと訊いてみた。
でもここでは配布はしていないと説明された。
やっぱりね。
念のため訊いてみただけなんだ。

↓東京都福祉保険局ヘルプマークについて
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html

帰宅時に途中下車して、
ヘルプマーク配布してますよって書いてある
モノレールの駅務室でヘルプマークをもらってきた。

f:id:clichang:20170125073500j:plain

お守りみたいなものだと思って持ってよう。
わかる人が見ればきっとわかる。

電車の席は絶対に座りたい!
というワケではないけど、できれば座りたい。
目の前が空いたなら横取りされずに座りたい。
もしもコレに気づいた優しい誰かが
席を替わってくれるとしたら本当にありがたい。

この先5週間のお守り。



そして。
夫の会社の人たちのご尽力で、
夫をなるべく早く家に帰そうキャンペーンを実施してくれてるんだって。
みんなでスケジュールを調整して。
早めに終わる時間帯の仕事を振ってくれている。

早く帰ってきた夫は
片付けしたり風呂わかしたり
ゴハン作ってくれたり。
ほんとによく家のことやってくれて助かるんだ。

夫作カレーライス

f:id:clichang:20170125073440j:plain

ほんとに 、ほんとにね。
1人だけで治療してるんじゃないんだな。

ありがとう。
ありがとう。
ほんとにありがとう。