読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにある。

2016年夏。乳癌になっちゃったよわたし。

放射線治療準備のMRI~土曜日だから~

2017年1月7日

夕方4時半から放射線治療準備のためのMRI撮影。

手術前に撮ったMRI
癌の拡がりを見るためのものだったから
おっぱいを丸い穴の中に入れてうつ伏せだった。
自分のせいだったんだけど
小一時間も顔だけ横向き。

そんな不自然な姿勢のまま身動きもできず
MRI検査が終わったあとは
目眩がしちゃったんで、
今回はうつ伏せじゃないと知って嬉しかった。

今日は左腕だけは頭の上に上げるけど、
仰向けになってたらいいらしい。

よし。寝よう。

通院が続いていてヘトヘトだったんだよ。

しかも今日は夫がお休みで、
せっかくいいお天気だし
じゃあサクッと山登りでもしようかって。
病院へ出かける直前まで山へ行ってたんだ。

高尾山を目指したんだけど、
土曜日だから登山客・観光客いっぱいでね。
車も止まらないから行き先変更。
陣馬山へ。

山頂直下の駐車場に車を停めて
ほんの15分だけの登山。
そんなの登山なんで呼べないほどだけど。
それでも気持ちがよかったなー!

f:id:clichang:20170118161948j:plain

ノルバデックスの副作用による軽い吐き気も、
こういうことしてると気が紛れてよい。

f:id:clichang:20170118162007j:plain


…というワケで、
疲れていたので今日のMRIは寝よう。と。
決めた。
しかしそうは問屋が卸さなかった。

今回は筒の中入ってから何度も何度も
「息を吸って、吐いて、吸って、止めて」
という支指示があって、
寝るどころじゃなかった。

しかも「止めて」というのが結構長くて、
実際はどれくらいなのかわからないけど
体感的には20秒くらいかね。
息を止めてなくちゃいけない。
止めて、ってことは、
チョットずつ吐いたり吸ったりもしちゃいけないんでしょう?
キツいです。

やっぱりある程度元気なくちゃ
こういう検査も受けられないのね。
生きるためのハードル。
その火を飛び越えてこい!


そしてそんなこんなでMRIの撮影も終わり、
お会計のカウンターへ行ったら
いつものお姉さんたちは誰もおらず、
白髪のおじさんが1人だけそこに座ってた。

「はいどうぞー」って言うんで
診察券と何か紙を手渡して財布出して待ってたら

「今日はもう受付も時間外になっちゃってるんで
お会計ができません。
次回まとめてお会計してください」

と。
そうか、今日土曜日だ。
午後の診療ないんだもんね。
今日はわたし、М先生の計らいで
夕方に入れてくれたんだったよ。

では次回お支払いします。
さー帰ろーと。つって病院出た、
らーーーー!

シャトルバスないじゃん!!

カウンター戻ってさっきのおじさんに
シャトルバスのこと訊いたら
「あ、今日土曜日だから
シャトルバスの運行は午後はないですよ」

・・・!!

駅まで20分歩いて帰ったよ。
やれやれ。


すっかり夜になって家に着いたら、
夫がカレーを作って待っていてくれた。

f:id:clichang:20170118162106j:plain

おいしい♡
夫は家のこと よくやってくれて
ほんとに助かります。
いつもありがとうね!

さて。
次からはいよいよ放射線治療が始まるよ!